アメリカ西部の旅     旅行へ travel
Western America

2011年10月25日〜11月2日
羽田空港からロサンゼルスまで約10時間
ロサンゼルスから荒涼とした土砂漠の中をラスベガスまで6時間

ロサンゼルスラスベガス   グランドキャニオン    モニュメントバレー   ←slide show

カジノシティ ラスベガス Las Vegas


ラスベガスの夜
眠らない街ラスベガスは 超賑やかで
各ホテルにカジノがあります。

ハロウィンが飾られホテル





私達も生まれて初めてカジノでルーレットをしました。
私は10ドル負けましたが 勝った方も居られます。
一夜にして大金持ちになった方も居られるとか・・

ハマコウで知られる元国会議員の浜田幸一さんは
カジノで一晩に4億6000万円すってしまった話はラスベガスでも有名です。
カジノは撮影禁止です。





   




フリーアトラクション
海賊ショーや曲に合わせて踊る噴水ショーなどが
あちこちで毎日色々なショー行われています。








ダウンタウン
アーケードはミュージュックに合わせ
大スクリーンになり 大変な賑わいで
眠らない街・・と言われるのがぴったりです。


朝のラスベガス


   
ラスベガスから6時間
ルート66を通りながら グランドキャニオンへ向かいました。
何処までも荒涼とした風景が続きます。


グランドキャニオン国立公園 Grand Canyon


グランドキャニオン
数億年に及ぶコロラド川の浸食と地層の隆起によって作り出された
全長460km 深さ1600mの大渓谷です。





大自然に圧倒されます。
川に水が無かった?





   

クランドキャニオン前のインディアンの売店
西部はトルコ石の装飾品が多いです。


モニュメントバレー  Monument Valley

インディアンの聖地

ナバホ族の聖地 ジェロニモの旗
インディアンのナバホ族は19世紀半ば 白人による迫害 略奪を受けましたが
 先住民としての誇りを忘れず ウインドウ・ロックに本部を置く人口23万人の部族です。
 独自の学校教育 行政 警察などを所有していてナバホ族大統領もいます。

ここモニュメントバレーには約300人が生活していて
水も電気もない生活で 水は毎日汲みに行くのだそうです。



赤茶けた荒野に岩峰がポツンポツン立つ荒涼とした風景は
アメリカ西部の原風景です

映画監督のジョンフォードは 「駅馬車」「捜索者」などの撮影地として使い
他にも西部劇やCMに登場しています。
今にも土煙りをあげながら馬が駆けてくるような風景が広がっています。


   
ナバホ族の若者達が土砂漠の中を4か所のビューポイントへ
案内してくれました。
ガタガタデコボコの道なき道を土煙りを上げながら猛スピードです。
板の上では工芸品が売られていました。





運転していたナバホ族の若者が
水たまりの前で突然車を止め
私のカメラを取ってしゃがんで撮ってくれた一枚・・

突然の事だしカメラ取られて吃驚しましたが
見事な撮影に感激です。
他の方も次々お願いして撮って貰いました。





   
ナバホ族の民芸品
ナバホ族の工芸品の技術は非常に高く
装飾品手織りの敷物など指先が器用で
 技術やしきたりを重んじて代々受け継いでいます。

今回の旅行で一番楽しみにしていたのがこのモニュメントバレーで
西部らしい風景を味わう事が出来て良かったです。




大自然の中なので 悪天候の場合は
ぬかるみで中止になることもあるようですが
お天気が良くて幸いでした


アンテロープキャニオン  Antelope Canyon

1931年 先住民族・ナバホ族の羊飼いの少女が巨大な大地の割れ目を発見。
それが現在ロアーアンテロープキャニオンと呼ばれている場所です。

   
ここもナバホ族の管理地なので
バスを降りてナバホ族が運転するジープに乗り換え
ガタガタ道を結構なスピードで アンテロープまで疾走します。



アンテロープ入口
振り落とされないように必死で手すりにつかまって到着です。
こちらの人は凄いスピードを出します。



中は神秘の迷宮と言われていますが
岩の割れ目から落ちる鉄砲水の浸食によって
このような模様が出来たということです。

   
中は運転手さんが案内人になって誘導してくれます。

結構狭く暗いですが
割れ目から光が入り神秘的な雰囲気です。

案内の人が私達のカメラを取り上げて 親切に撮ってくれます。
私はISO上げて撮りましたが普通に撮ったら完全にブレる暗さです。

ナバホ族の人は 壁にカメラを押し付けるようにして撮ってあげてたので
心得てみえるんだな〜と思いました。





出口では尺八みたいな楽器の演奏で出迎えてくれました。
又同じルートを距離にして約200mくらい?を戻ります。

『現在全米に563種族の先住民族(インディアン)がいて人口は約280万人。
その内の1/3がカリフォルニア州、アリゾナ州、オクラホマ州で
各種族が各居留地内で独自の政権、自治を持ち生活している。
その中でも一番人口が多く広大な居留地を維持しているのが
モニュメントバレーやアンテロープを管理、維持しているナバホ族だ』
(パンフレットより掲載)


プライスキャニオン国立公園 Price Canyon

ここでは幻想的な朝日の鑑賞です。


朝日が出る前
とても綺麗な橙色でした。


    
土柱
土柱は、風、水、氷による川床と湖床の
浸食により形成されたものです。



海抜2400メートルで 朝の気温はマイナス7度で
ホカロンも役に立たない程の冷え込みでした。


   
すっかり陽が昇った帰り道は雪があり
道路は凍てていました。

この辺りではミュールジカが多いそうです。


ザイオン国立公園 Zion Park


鉄分を含んだ赤い巨岩が連なる峡谷




   
公園と言っても広いので園内をバスで移動します。
天井からも山が見えます





この公園は比較的緑も多く
大きさは593平方キロメートルで
登山やハイキング ロッククライミングも行われます。

この日も家族連れや登山者が多く見られました。
又270種という野鳥や動植物の宝庫です。



立て横の縞模様の岩は有名みたいです。


ロサンゼルス Los Angeles

西海岸の中心都市


サンタモニカビーチ
年中温暖な気候でリゾート地として賑わっています。


   
ヤシの並木と芝生が美しく 市民の憩いの場です。




国道66号線はアメリカ合衆国中西部・南西部の8州を通り
 このサンタモニカまで全長3,755kmの連邦最初の国道の1つです。
 私達もラスベガスからグランドキャニオンへ行く時 通りました。



この扉の向こうで映画のアカデミー賞授賞式が行われます。
赤い絨毯が敷かれて その時は凄い人出だそうです。






   
ハリウットハイランド
マリリンモンローが街中に立っていました。



自由時間に街を歩きましたが
大変な賑わいで 落ち着いて買い物も出来なかったです。














チャイニーズシアター
名前はチャイニーズですが 中国とは関係がないそうです。
有名な俳優 女優の手形 足型がありました。


   

この後ロサンゼルスの夜景を見て
無事帰国の途につきました。

ロサンゼルス空港では 両手の指紋 顔写真を撮られ
靴を脱ぎ上着も脱ぎ 飲みかけのミネラルウオーターも没収され
グループで話していても怒られて・・
テロへの警戒でしょうが それはそれは厳しい審査でした。