坂東三十三札所巡礼        ホーム   巡礼へ

18番 日光山 中禅寺 千手観世音菩薩
栃木県日光市
勝道上人は男体山に観音の浄土があることを信じ
数度登頂を試みましたが失敗・・
そこで男体山の麓に中禅寺を建て十五年かけて前人未踏の
山頂をきわめる事が出来た

   
  中禅寺湖  開山の勝道上人が船で中禅寺湖を巡った故事から毎年
6月18日には「観音講」として大法要と船供養が行われる


8月4日には「船禅項」といって湖畔の霊地を
船で巡拝する儀式がある


19番 天開山 大谷寺 千手観世音菩薩
栃木県宇都宮市
本堂内部の正面の岩に本尊が刻まれている
浮き彫りにした像に朱を塗りさらに金箔を押し付けてあるが
現在は落ちている
計10体の磨崖仏があり国指定の特別史跡と重要文化財の
二重指定を受けている

   



この辺りは門塀等の大谷石の産地で
近くには戦争犠牲者の霊を弔うため昭和31年大谷石で立像27mの
平和観音像が建立されている


20番 獨鈷山 西明寺 十一面観世音菩薩
栃木県益子町
行基が下野の国に来た時この地を霊地と見て
豊前国に安置してあった本尊を移した

   






益子は益子焼きでも有名で
浜田庄司が定住して益子焼きの名を広めた


21番 八溝山 日輪寺 十一面観世音菩薩
茨城県大子町
日輪寺は八溝山の主峰1022mの八合目ほどに位置し
坂東札所中もっとも山深い事から坂東一の難所とされている

   
八溝の地名には日本武尊が奥深い原生林を前にして
「この先は闇ぞ」と云ったからとか他色々な説が・・・


霧に霞む細い山道は車でも心細い感じだった
又南下すると有名な袋田の滝がある


22番 妙福山 佐竹寺 十一面観世音菩薩
茨城県常陸太田
佐竹寺は常陸地方の豪族だった佐竹氏の菩提寺だったが
関が原の合戦で反徳川方となった為秋田に国替えになってしまった
後に常陸に入った水戸光圀公の時代に坂東札所に加えられた

   
豪壮な桃山建築の様式美を備えていることで
国指定の重要文化財となっている




23番 佐白山 観世音寺 千手観世音菩薩
茨城県笠間市
本尊の観音像は毎年4月17日のご開帳でしか仰げないが
優れた仏師の技が冴え渡った寄木造りの優品といわれている
こちらの住職様は大変気さくな方でお茶をもてなしてくださった

   
此処は日本三大稲荷の一つ笠間稲荷も有名で
又笠間焼きも知られていて新進作家が活躍している


陶芸の里


24番 雨引山 楽法寺 延命観世音菩薩
茨城県真壁郡
光明皇后がみずから「法華経」一巻を書写して奉納し
無事出産を果たして以来安産の観音様として知られている
多宝塔は「法華経」共々寺宝になっている

   
桜 紫陽花 百合 紅葉とどの季節も美しい寺




25番 筑波山 大御堂 千手観世音菩薩
茨城県つくば市
筑波山は男体と女体の二つの峰を持ちそれぞれ
権現として崇拝されてきた
木像の観音像は昭和12年の山津波で埋没したが
無傷で掘り出されたことから霊力のある観音様ということで
開運や招福願う人々で賑わっている

   
筑波山は低山ながら日本百名山の一つで
ガマの油売りの口上でも知られている


筑波山麓から26番清瀧寺への田園風景は美しい


26番 南明山 清瀧寺 聖観世音菩薩
茨城県新治
昭和44年の不審火で山門だけになってしまったが
村人達が坂東札所の復元に立ち上がり
23番の天津忠興住職により寄進を受け
木彫りの素晴らしい観音像を安置する事が出来た