フランス モナコの旅物語          

 フランスの風景のスライドショー

南フランスからパリまで行ってまいりました。
目的は観光です。
特にモナコとモンサンミッシェルは行きたかったところで
やっと念願が叶いました(v^ー°) ピース!

成田を12時頃出発です。


機内の右側の窓から・・

シベリア上空ですが 寒そう〜
戦後はこんなところへ抑留された方も居られたのですね。
北のルートで シベリア ストックホルム コペンハーゲンの上空を通り
パリのドゴール空港まで12時間です。


モナコ公国

まずモナコの観光から・・


モンテカルロのモナコ大公宮殿

面積1.95ku人口3万人と
世界で二番目に小さい立憲君主の国です。
この宮殿には モナコ王妃となったグレースケリーの
長男が大公となって住んでいます。



可愛い衛兵の交替式

因みにモナコの住民は税金の支払いはないそうです。
観光で充分収入があるのだそうです。



グリーンの屋根が 国営の「グランカジノ」で
中にはオペラ座もあり 正装で集まる社交場です。
パリのオペラ座と同じガルニエの設計です。


  
左の写真はグレースケリーの長女と次女が住んでいます。
右はフランスとの国境で自由に往来できます。



モナコ湾

明るくてとても綺麗でした。
この辺りでは F1モナコグランプリレース も行われます。



地中海


   
右はモナコ大聖堂
堂内にグレースケリーのお墓がありました。


鷲の巣村


エズ

鷲の巣村を代表する集落で
14〜16世紀にイスラム教徒 サラセン人からの襲撃を防ぎ
敵の接近にすぐ気づくように丘や山頂に築いた城砦都市です。


迷路のような坂には可愛いお店があります。

  
円を描く城砦の中に細い道や階段が入り組んで
路地裏のような石造りの家が並んでいます。


ニース


ニースの海岸
コートダジュールの中心地で
1860年まではイタリア サルデーニャ王国の一部でした。

一年中気候温暖で冬でも10℃を下回らないところで
カーニバルで有名です。


  
「プロムナードデザングレ」
 イギリス人の散歩道と云われています。
入り江に沿って3.5km続く遊歩道で
高級ホテルやカジノやレストランが並びます。



エクス・アン・プロバァンス

17世紀から18世紀にはプロバァンス王国の首都でした。
画家のセザンヌはこの地に生まれました。



セザンヌが文豪ゾラと語りあった街です。



ロトンドの噴水

街の名の「エクス」が水を表すラテン語に由来して
街のいたるところに噴水があります。
夕食後にはすっかり日が暮れましたが賑わっていました。


アルル


一世紀末頃に建設された円形闘技場(世界遺産)
アルルはローマ帝国時代の遺跡を残す街です。


  
古代劇場(世界遺産)



ゴッホが過ごした家
35歳になったゴッホはアルルに来て数々の名作を残しました。
一階はカフェテラスになっています。
テラスにはゴッホの絵も置いてありました。


   
ゴッホの描いた庭園が当時のままにつくられています。
右はゴッホの像 左耳を切り落とした像です。


  

  
アルル美人(アルルジェンヌ)
ビゼーの「アルルの女」で有名ですが
文豪バルザックが褒め称えたように
ギリシャ彫刻のような美人が多いことでも知られています。



アルルの古い町並み

今はイヤホーンを渡されてガイドさんの説明を聞きながら
巡りますので少しくらい離れてもよく聞こえるし
迷わなくて安心です。




ゴッホの跳ね橋

ゴッホの絵のままに復元されていました。


ボン・デュ・ガール

2千年前の水道橋(世界遺産)

建設は紀元前19年で 一日の給水量は約2万立方メートル
ローマ帝国の滅亡後は維持 管理ができなくなりましたが
ナポレオン三世の命令で修復され 今も当時の姿をとどめています。






水道橋の上からの風景


アビニヨン


アビニヨン歴史地区(世界遺産)

この高い城壁に囲まれた中に街があります。
1309年にローマ法皇クレメンス5世がアビニヨンに移り
カトリックの中心地でした。



城壁の中の市街

フランスの人達はテラスで食べるのが好きみたいです。


   
アビニヨンは演劇祭りをはじめ 芸術や文化に関するイベントも盛んで
路上のこの人達もその練習? でしょうか・・



サンベネゼ橋(アビニヨン橋)

城壁の外のローヌ川に架かるこの橋は
長さ900m 22個のアーチを持つ橋でしたが
17世紀の洪水で崩壊し 今の姿になりました。
橋の上に小さい教会があります。

歌の ♪?橋の〜上で〜輪になって踊ろう♪??? その橋です。


リヨン


ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール寺院

リヨンの丘の上に立っているこの寺院は
夜はライトアップされ幻想的です。



リヨン歴史地区(世界遺産)

2000年以上の歴史を誇るローヌ・アルプの中心都市
ローマ帝国時代に植民地の首府として発展した旧市街です。
大変綺麗でした。
この何処かで泊まりましたが?



リヨン朝8時30分頃 雨になりそうです。
ソーヌ川沿いの市街です。


ブールジュ


サンエチエンヌ聖堂(世界遺産)

フランスゴシック美術の傑作のひとつで美しい聖堂ですが
 フランスに来てから初めて土砂降りの雨でした。
ブールジュ大聖堂ともいいます。



リヨンからプールジュまでバスで約5時間
のどかな風景が延々と続きました。

フランスは芸術やファッションなど華やかな印象がありますが
実は農業国で 食料自給率100%です。


ロワール地方


シュノンソー城(世界遺産)

16世紀から歴代女性が城主でした。
アンリ2世の愛人だった「ディアーヌドポアチェ」と
正妻の「カトリーヌドメディシス」との熾烈な確執が
繰り広げられた城としても有名です。
因みに愛人のポアチェは30才も若く見えたとか??(v^ー°) ホント〜??
19世紀には実業家が買い取って
現在もその子孫が所有しているプライベートシャトーです。



城はシェール川にかかっていて
白い姿が白鳥にたとえられる優美なお城です。



広い庭園も綺麗に整備されています。


  
左はベットルーム 真ん中はキッチン 右は廊下です。
調理器具はすべて銅製です。


アンポワーズ城


アンポワーズ城

様々な歴史の舞台となったお城ですが
内部の見学はありませんでした。


モン・サン・ミッシェル

モンサンミシェル修道院(世界遺産)

フランスで最も美しい修道院とされています。
708年 ノルマンディ大司教が大天使ミカエルのお告げで
この島に修道院を作りました。

10世紀にはベネディクト教会の修道院になり500年かけて増改築
14世紀には英国との百年戦争で城砦となって
15世紀後半に現在の形になりました。
モナコの次に楽しみにしていたモンサンミッシェルです。


  
修道院のまわりには
ホテルやカフェテラス お土産屋さんが並んでいます。

ひとつの島ですが1870年に島をつなぐ道路が出来て
満潮時にも往来できるようになりました。



引き潮の砂浜を行く女性・・ひとり何処へ行くのでしょう?

モンサンミシェルの塔から撮ったこの写真を
ホトコンテストに出したら入選しました↑


  
海に浮かぶように建つ神秘と奇跡の僧院といわれ
汗ばむほどの気候で見晴らしも抜群でした。


パリ

花の都パリに到着・・
夜着いたパリは大渋滞でした。




夜のシャンゼリゼ通り

夜の凱旋門

夕食後シャンゼリゼ通りを散策
スリ ひったくりが多いので 手ぶらで・・と添乗員さん
首にかけた一眼レフも ひったくられて首の骨でも折れては困るので
ポケットカメラだけ持って行きました。
どう見てもピンボケです(´・-・。)


  
地下道通って凱旋門の下へ・・
無名戦士のお墓がありました。
シャンゼリゼはイルミーションとクリスマス市場で賑わっていました。



こちらは翌日行った夜のコンコルド広場


ルーブル美術館

お馴染みの世界を代表する美術館
全長20km 展示品は2万6000点(所蔵数30万点))というから凄いです。
じっくり見ると数ヶ月は必要のようで
私達が見たのはほんの一部ということになります。


ミロのビーナス・・作者不明

私達は全員イヤホーンをつけて専門の案内人の
説明を聞きながら巡りました。



「カナの婚宴」 ヴェロネーゼ
花嫁花婿は左端の前の方ですね。



「ナポレオンの戴冠」 ジャックルイダヴィット



「民衆を導く自由の女神」  ウジェーヌドラクロア



キューピッドの口づけに目覚めたプシュケ アントニオ・カノーヴァ作



「モナリザ」  レオナルドダビンチ
大混雑でなかなかそばに近づけません。
これらの本物を目にした気持ちは
絵心のない私でも格別の感があります。
まだいっぱい撮りましたがごく一部を掲載です。


ベルサイユ宮殿

パリからバスで30分くらいのところにあります。
ルイ14世がパリから宮廷を移すため
バロック様式でつくられました。

当時宮殿に住む貴族は約1000人
仕えた従業員は1万人とも言われています。
貴族の贅沢な暮らしがフランス革命の引き金になりましたが
ベルサイユは革命時までフランスの政治の中心地でした。


ベルサイユ宮殿(世界遺産)



天井画



鏡の間
長さ73m 幅10m 高さ10mの中にシャンデリアと
578枚の鏡が埋め込まれて豪華絢爛です。
こうゆう所に住んだらどんな気分でしょうね〜
私は落ち着かなくてダメかも・・


パリ市内


エッフェル塔
この日は雨が降ったり止んだりで大変寒い日でした。


  
パリにユニクロがオープンした時は
長い行列が出来たそうです。


  
日本人経営のお店は安心感があります。
店員さんも日本人が多いので私は三越を利用しました(^-^*)
フランスのお土産はチョコからクッキー 衣類からバックまで
何でも揃っています。


モンマルトルの丘

フランス旅行も最終日です。
夕方までフリータイムで 最後のパリを楽しみました。
雨が降ったり止んだりの中
コンデジだけ持ってお仲間さんと地下鉄で行きました。


モンマルトルの丘より
パリで一番高い丘です。



サクレクール寺院

パリを見下ろすようにしてモンマルトルの丘に立っています。
戦争や騒動で亡くなった兵士や市民を追悼するために
建てられた白亜の大教会です。
内部の見学も出来ます。


寺院の隣の テルトル広場
19世紀から20世紀にはこの辺りに
ピカソなど有名な画家が住んでいたとか・・
画家が描いたり売ったりしています。


お客さんj待ちの似顔絵描きさん

広場を見ながらお茶する人も・・
空き缶を前に置いた物乞いも またジプシーも見かけました。


この辺りへは是非来たかったので大満足です。


ノートルダム寺院

ノートルダム寺院はセーヌ川に囲まれた シテ島にあります
日曜日のミサの最中で 広い堂内も祈りを捧げる人でいっぱいでした。
そんな最中も見学は自由で
牧師様の声は聞こえますが姿は見られない程の混みようです。
神様は寛大でいらっしゃる?


ノートルダム寺院とセーヌ川

1345年に200年かけて完成しました。
ノートルダムとは 聖母マリアの事で
35歳のナポレオンが戴冠式をした場所です。



寺院正面の門には
最後の審判 聖母マリア 聖アンナの
エピソードが描かれています。


  
前庭から正面
左は寺院の前庭にあるゼロ地点
フランスの距離はすべてここから測られます。


  
フランス最後の晩餐は
ワインで前菜のエスカルゴと メインの何ちゃらとで乾杯!

大変長くなりましたが こうして纏めておけば
日々衰える記憶にも 対応出来るというものです(´・-・。)
最後まで見て頂いて お疲れさまでした。