五島列島 (福江島)    ホーム   旅行のページ

(2005 11月)
福江島は五島列島の中でも一番大きい島です
キリシタンの史跡や教会も数多くあます
島には産業も少なく若い人は仕事を求めて島を出て行き
お年寄りばかで淋しいと皆さん嘆いておられましたが
大変美しい情緒ある島でした



堂崎天主堂
明治41年にペルー神父によって五島で一番最初に
建てられたゴシック様式の天主堂は
長崎県の有形文化財に指定されています
堂内には270年にも及んだ隠れキリシタンの歴史や
資料が展示されています


   
マルマン神父とペルー神父の像と 
庭園には殉教したヨハネ五島の像などがあり
キリスト教徒迫害の歴史を見る事ができます



高浜海岸
日本一美しい渚と云われています



高浜海岸
日本で一番遅い夕日が見られるところでもあります


   
 水の浦教会
白亜の水の浦教会は小高い丘の上にあり現在使われています
教会の奥の建物はシスター方のお住まいです



魚津ケ崎
遺唐使船が風待ちしたところで
ここから中国大陸へ渡りましたが
遭難などで帰れなかった人も多かったとか・・


   
石田城               武家屋敷通り
石田城は三方が海に面している日本でただ一つの海城ですが
城はなく資料館や五島高校があります
武家屋敷通りは溶岩で作った塀の上に
丸い石を積み上げた独特の塀です



鐙瀬溶岩海岸
鬼岳の噴火で黒い溶岩海岸が7キロほど続いています


   
鬼岳(おんだけ)                黒島
福江島のシンボル的存在の鬼岳は今は死火山です
キリシタンが隠れ住んだと言われる黒島 黄島 赤島へは
海底ケーブルが通っていて一番若い人は75歳とか・・

大変印象に残った福江島でした

ホーム   戻る    次へ