大正ロマン漂う 銀山温泉    ホームへ   旅行のページへ

(2014年5月21日〜23日)

三重県から友人が来て 我が家で暫く滞在しました。
その間 一度は行って見たい銀山温泉に行く事になりました。
お隣の方もお誘いして三人で「能登屋旅館」に二泊する事にしました。

生憎の雨の中 宇都宮駅を10時50分の山形新幹線 つばさ133号に乗り
大石田駅には午後1時半前に着き
ホテルお迎えのバスで約30分で銀山温泉到着です。

     銀山温泉の旅の動画です クリック

「能登屋旅館」

木造三階建ての大正ロマン漂う温泉街です


  
生憎の雨です
左が部屋から温泉街 右は室内です

この日 風邪気味で体調不良の私は
早々に布団を敷いて頂き 部屋でのんびりしました。



夜も激しい雨が降り続き 温泉街も静かです。


  
ご馳走が次々運ばれても
一向に食欲がなくて
友人に頑張って食べて頂きました。


二日目 最上川の船下り

相変わらず雨が降り続きますが
友人の希望で船下りに 観光タクシーをチャーターして行きました。


  
船頭さんの舟歌を聞きながら
のんびり行きます。

ここは以前に真冬の東北旅行の時
同じ船に乗りましたが
冬景色の方がずっと綺麗でした。



売店まで行って引き返します。

食欲が無く ジュースとフランクフルトだけで
昼食の代わりにしました。


芭蕉資料館
  
芭蕉が暫く滞在して
「五月雨をあつめて早し最上川」などの句を残しました。
左は友人・・写っちゃってゴメン!


夜の温泉街を散策

能登屋さん



小降りなった温泉街
皆さん写真撮りに出て来られます。

ダウンコートは各旅館に用意されていて
何時でもお借りする事が出来ます。


  
能登屋さんのロビー
ストーブが炊かれていました。
床もピカピカにお手入れされています。


三日目の朝

白銀の滝
ようやく雨の上がった朝 近くを散策しました。


  
想像以上に素敵な散策路がありました。
雨の後で水量も多かったようです。



銀が採れたようで
銀坑洞がありました。


  
そんなに深く大きな坑道ではありませんが
銀山の一角を知る事が出来ます。



川沿いに温泉街へ戻ります。
ここで最後のお土産を調達しました。



能登屋旅館さんへ戻り
10時30分の送迎バスに乗って
帰途につきました。
色々お世話になりました。

私は温泉にかぶれ易いので
心配で入らなかったですし
その上食欲不振で食べられない旅行でしたが
友人方は満足だったようです。

おわり

ホームヘ    上に戻る     次へ