京都の祇園祭り            
(2009年 7月 16日 17日)

祇園祭りは千百余年の伝統ある八坂神社の祭礼で
869年 京の都をはじめ全国各地に疫病が流行し
当時の人々はこれを牛頭天皇の祟だと恐れました。
そこで二条城の南にある神泉苑に 当時の国数にちなんで66本の鉾を立て
祇園の神を祭りさらに神輿をかついで疫病退散を祈願して
始められた「祇園御霊会」が起源とされています。

山鉾の数は32で巡行の順番は「くじ取り式」で決められますが
長刀鉾は「くじ取らず」として必ず巡行の先頭をいきます。

16日夜の宵山 長刀鉾(なぎなたほこ)


コンチキチンと鉾の上で囃される祇園囃子は各鉾で30曲あり
楽器は鉦 太鼓 笛の三種類で
鉦は少年期から稽古を始め 成人になると笛や太鼓になるのが普通です。

  
鉾頭にかざした宗近作(現在は複製)の長刀は疾病邪気を払いながら進み
刀先は八坂神社と御所の方には向けません。



保昌山(ほうしょうやま)


明治初年まで「花盗人山」と呼ばれ
平井保昌が和泉式部のために紅梅を手折ってくる姿を現しています。
前懸と脇懸は円山応挙下絵の逸品として特に有名です。



孟宗山(もうそうやま)


中国の史話「二十四孝」の一人である孟宗が
病気の母の好物の筍を探し回りついに掘り当てて母を喜ばせた逸話を
題材にした山で 白地に墨一色描かれた孟宗竹林図は
極彩色の多い山鉾の中では異色です。



四条傘鉾(しじょうかさほこ)


昭和60年に117年ぶりに再興され巡行に復帰しました。


 
滋賀県の滝樹神社に伝わるケンケト踊りを参考に
お囃子が再現完全復興しました。


月鉾(つきほこ)


左甚五郎作とされる彫刻 破風 軒桁 四本柱などすべてが豪華です。



前懸のメダリオン絨毯は17世紀のインド製ですが
現在は同じ柄で新調されています。



蟷螂山(とうろうやま)


かまきり山とも呼ばれ かまきりの羽や鎌が動く唯一のからくり山
前懸 胴懸は色彩豊かな友禅染めです。



油天神山(あぶらてんじんやま)


油小路通りにあるところからそう呼ばれ
天神さんと深い関係のある紅梅の枝立て鈴をつけています。


 
前の山と後ろの山でご挨拶??が行われます。
「草履擦れ」しないように足にはテーピンク゜を・・



菊水鉾(きくすいほこ)


町内にあった菊水井戸にちなんでつけられました。


 
稚児人形は魏の文帝の勅使が薬水を求めて山に入った時出会った
菊の露を飲んで700年生き続けた少年を表しています。



綾鉾(あやほこ)


非常に古い形態を残す傘鉾の一つで大きな傘が特徴です。


 
公家風装束をまとった稚児や棒振り囃しも巡行します。



伯牙山(はくがやま)


中国周の時代に琴の名手伯牙が自分の琴を理解してくれた
人の死を聞いて琴の弦を切ったという故事を題材に作られた山です。



鶏鉾(にわとりほこ)


中国曉の時代に太平がつづき用のなくなった太鼓に
鶏が巣を作ったという故事が題材
トロイの王子と妻子との別れを描いた見送は16世紀の
ベルギー製で重要文化財です。






木賊山(とくさやま)


世阿弥作の謡曲「木賊」を題材にした山
我が子を人にさらわれて一人信濃国で木賊を刈る翁を表す
右手に鎌を持ち左手に木賊を持っています。



放下鉾(ほうかほこ)


鉾頭は日 月 星の三つの光が下界を照らす形
操り稚児人形は三光丸と命名されています。






山伏山(やまぶしやま)


前懸 胴懸の中央に飾り房がついているのが特徴です。



岩戸山(いわとやま)


天の岩戸の神話を題材にした曳き山
ご神体は内部に二つと屋根と三体が祀られています。



人が鈴なり・・落ちないように・・



力を合わせて辻まわし



船鉾(ふなほこ)


神功皇后のご神体は安産の神とされ
巡行の時岩田帯を多数巻いていて
祭りの後妊婦さんに授与されます。



船鉾





船鉾の辻回し





山鉾には方向を変えるための舵がないので
車輪の下に割り竹や棒を敷き 水をかけ横から引っ張って
車輪を滑らかにすることで方向転換をします。







巡行を終えた山鉾は新町通りを通って
各々自分の町に帰っていくとすぐに解体されます。
それは神座に集めた疫神を四散させるためです。

初めて見た京都祇園祭り
ここに掲載したのはほんの一部です。
降水確率100パーセントの予報でビニールをかけた山鉾が多かったのですが
見物中一度も降らず充分楽しみました(*^-゚)vィェィ♪

解説は会場で頂いた
「祇園祭り2009年山鉾あれこれ」を参考にさせて頂きました。