俳句の部屋         ホーム

子供達も成人して出来た自由な時間・・・
これからの趣味の一つになると良いのですが・momo

6月7月の句   
辻曲がり 掛け声ばかり 鉾の山   (祇園祭りにて)  ひねもすを フリータイムで 遠郭公
ちまき売る 児のいて祇園 宵祭り   (祇園祭りにて) 過去の彩 未来の彩や 七変化 
鬱きたと 思うや躁きて 合歓の花 頬なぶる 千の風かも 麦の秋 
万緑や 夫の記せし 手書き地図 青春の オードトワレは 白い薔薇
春 桜 (俳句では桜のことを花と云う)
花満ちて 大渋滞の 中にいる     (身延山にて)  山桜 女行者に 追いこさる     (吉野山にて)
花の寺 独り参加の ツアーにいる   (身延山にて) 花疲れ 乗り継ぐ電車 空きのなし
花の寺 夫を支える 妻のいて     (身延山にて) 麓から 上からも見て 花一山     (身延山にて)
春時雨 甲斐の水晶 見てる間に   (身延山にて) 参詣の 甲斐路は富士と 花吹雪   (身延山にて)
学僧の 草履花山 駆け上る     (身延産にて)  枷(たが)外れ 暫し花見に 明け暮れん
散り急ぐ 花に手立ての 無かりけり    着古しも 捨てられぬまま 衣替え
爛漫の 桜見た夜の 浅眠り 故郷の 訛りとび交う 花の宿
椿落つ 褪せてからでも 良かろうに 賑わえる 中に独りの 花見かな   
良い人を 演じたつもり 花の宴 男等の 尼寺跡や 花の宴
春彼岸 説教前の 釈迦のうた 生死問う 映画の余韻 春寒し   
古雛も 一役担う 町興し (真壁にて) 観梅や 古刹の鯉の 太りをり
春彼岸 墓守と食う 酒饅頭 (朝日新聞栃木俳壇入選)  夫の忌や 弥生初めの 風強し
 待つ人の 無き家に急ぐ 春夕焼け     春昼や 文字定まらず うたた寝す
冬 寒 
初雪の 外れてランチ タイムかな 作務衣着る 女と連れ合ひ 寒牡丹
思い発つ 独り遠出の 冬の滝 御老公の 閑居西山 冬温し (茨城県 西山荘にて)
寒風を 避けし小卓や 占い師 寒の旅 母の形見の 腕時計
風花や 尼の声澄む 大御堂    (善光寺にて)  神官の 声門外に 初時雨
再会は 涙が先に 寒椿  
初春 (お正月)
ようやくに 住み慣れし街 初日かな 古家ごと 狭庭初日に 包まるる
大望の なくて平穏 初詣 病む友に 吾の為すこと 初詣     
良縁の 有りとおみくじ 初詣 初富士の 彼方に吾の ルーツあり  
年の瀬の句
歌合戦 見て幾年の 晦日蕎麦 飾りつけ 終えし忌明けの 年忘れ   
頑張りも 効かぬ齢の 年用意 何時の間に 息子頼みの 年用意    
介護車の 来ている孤宅 実南天     正月の 予定記して 新手帳
秋の句
夕紅葉 それほどまでに 燃えずとも     明時の 墓に紺菊 月初め        
懸崖に つくる菊師の まろき背ナ 下野の 防人(さきもり)街道 菊日和   
渋滞を 避けたつもりが 照紅葉 新米の つかみ取りして 農業祭
朝霧の 深きに独り たのしめり マイペースの 児がいて園の 運動会
落つる陽を 見てお月見と なる散歩 出来秋の 生産名入り 直売所
腑の機嫌 損ねて秋の 野菜粥 ティータイム 切れぎれに鳴く 昼の虫
爽やけしや ようこそ君は 孫として     彼の人の 住む街通過 銀杏紅葉
好きな人 嫌いな人いて 曼珠沙華 秋高し 初めて記す 遺言書
夏の句
幼子の 持つ危うさや 盆提灯       ビール飲む 息子相手に 憂いごとを
寝つかれぬ 暑き夜半に 聞く落語    歌手が 来て向日葵祭り 過疎の村
つづら折り 息切れあたり 滝しぶき 迎えたる 園車や孫の 大昼寝
山里の ダンプ街道 合歓の花  (出流山へ) 病後の 素顔隠して 夏帽子    
稜線の 先は故郷 大夕焼け 浜露台 偕老と食ふ 白子丼
止める人 無くて遠出の 雷雨かな 見覚えの ある四丁目 薄暑かな   (銀座にて)
梅雨晴れて 使い切りたる 二日間 癒される 話題が欲しい 梅雨寒し
寺隣り 鉢に育てし 蚊帳釣り草 十薬に 狭庭取られて しまいそう
荷も増えて だらだら坂の 街薄暑  (赤坂にて)  善き友や 今が幸せ 薔薇を描く
里帰り 母は鷺草 縁に置き           
初夏の句
本堂に 監視カメラや 風五月  (朝日新聞栃木俳壇入選) 湿原の 目覚めてやしお 躑躅かな
若葉風 書展の文字の 跳ねてをり 釣り船の 朽ちたる岸辺 行々子 (渡良瀬遊水地にて)
肩凝りの 三日続きや 牡丹咲く 全開の 愛車の窓や 行々子   (渡良瀬遊水地にて)
一雨を 受けてうな垂る 牡丹かな 鯉を釣る 人は寡黙や 行々子  (渡良瀬遊水地にて)
春の句
裸婦像の 前で待ち合う 春の雨 廃村の 遺跡一巡 春日傘     
齢(よわい)より 氣の若かりて 春の服 派手かしら 迷い心や 春衣買う
消したくも 消せぬ一言 落椿       花街の 内は見せじや 春すだれ  (京都にて)
春愁や 娘(こ)に諭される 身となりし 小路出で 小路へ舞妓の 朧かな  (京都にて)
春霞 我が身いたわる 日と決めし 無計画と いう贅ありて 春日陰
秩父札所徒歩巡礼の句
巡礼の 読経は森に 著我の花 莪の花 眼下に御座す 結願寺
熊避けの 唱歌は森に 著莪の花 莪の花 これより二キロ 峠越え   
古板の 巡礼マップ 著莪の花 参詣の 七つ道具や 莪の花     


戻る