弘前公園の桜          

(2004 4月)
一度見たかった弘前公園の桜
現地へ電話したら「明日が満開ですお天気も明日は晴れます」
との事で急遽旅行社へ行き 手配して翌日行きました。
弘前は不便で新幹線を乗り継ぎ此処からでも結構遠く
ホテルも弘前ではとれず青森市で泊まる事になりましたが
満開に咲き誇る桜はとても素晴らしいものでした。


樹齢120年の日本最古のソメイヨシノ

   
弘前城天守                         
津軽氏の居城として廃藩に至るまでの260年間津軽藩政の中心地でした。


弘前城天守

      
西濠の両岸は桜のトンネルです。





天守前から見た岩木山は鉛色に輝きいていました。
津軽藩の方々は何時もこの山を見て居られたのですね。


   
明治末期から市民による桜の寄贈が盛んになり
今では2600本余りのさくらで埋め尽くされています。


本丸前に咲く弘前枝垂れ

   
水濠 西濠の両岸にはアーチ状に300本の桜が植えられています。


水濠には八つの橋が架けられています。

   
岩木山                         城門
五つの城門と三つの隅櫓は重要文化財に指定されています。



明治28年に弘前公園として開放され
昭和27年史跡に指定されました。



翌日の青森市は雨でした。

   
青森市街を散策し津軽三味線を聞き今回の花見旅は終わりました。