寝台特急で北海道紅葉の旅   ホーム  旅行のページへ

2013年 10月27日〜10月31日
大沼公園 洞爺湖 白老ポトロコタン 小樽 札幌 中島公園

何時も見ているカシオペアに 一度は乗って見なくてはね・・・と
お隣の奥様と出掛けました。

行きは北斗星で 帰りはカシオペアです。

大沼公園紅葉クルージング・・動画
白老アイヌポロトコタン・・動画
中島公園の紅葉・・動画
洞爺湖クルージングと中島 小樽 札幌市内・・動画
寝台特急カシオペアと北斗星乗車・・動画

上クリック

北斗星

宇都宮駅を午後8時29分
食事もお風呂も家で済ませてからの乗車です。



北斗星に乗るのは二度目ですが 今回はデュエットという個室で
ベット兼ソファが対面式で二つあります。

適当に揺られて気分良く眠れました。



ラウンジは以前の半分の狭さになっていましたが
皆さん暫し寛いでおられました。


大沼公園

朝 函館で乗り換える予定でしたが
北斗星が30分以上遅れたため
「間に合わないので手前の五稜郭駅で乗り換えて下さい」と車掌さん
急いで降りる支度・・・

ホームには駅員さんが 低姿勢で待っていてくれましたが
エスカレーターもエレベーターも無くて
「この重いキャリーバックどうしよう・・」と友人と戸惑っていたら
乗客の方や駅員さんが 持って上がって下さり やれやれでした。

北海道は鉄道事故が多くて
スピード制限しているらしく その後も乗り換える度に遅れました。

友人はカシオペアと北斗星に乗るのが一番の目的で
私は大沼公園の紅葉を見るのが目的でした。

 
まずは大沼公園

地元の方の話によりますと 今年の紅葉は葉先が枯れて
余り綺麗では無いとの事でしたが 私には充分な美しさでした。



紅葉した駒ヶ岳
大沼湖は噴火した駒ヶ岳の泥流によって渓流を堰き止めて出来た沼で
大小126の島があり、その小島を結ぶ18の橋と散策路があります。


 
遊覧船に乗って 大沼小沼を巡り
移り変わる風景を楽しみました。



紅葉はこの日が一番見頃との事で
お天気にも恵まれて本当に良かったです。


 
遊覧船の後は島めぐりの散策で幾つもの橋を渡り
公園内を二時間程散策しました。

何処から見ても 美しい風景に足が進みません。



奥の散策路に入ると とても静かで人も少なく
野鳥の声が聞こえます。

余りにも雰囲気が良いので
今度来る機会があったら大沼公園に泊まりたい・・と思いました。


洞爺湖温泉

大沼公園駅から洞爺駅へ到着しましたが
またまた遅れて予定のバスは行ってしまいました。

次のバスは2時間後との事
同じ乗り遅れた香港からのカップルに話かけられチンプンカンプ(´_`。)
ホテルの名前とマップを見せて貰ったら
我々のホテルと近そう・・

タクシーで一緒に 料金は折半で行く事になりました。
お互い中国語や日本語は分からなくても
英語交えて何とか通じるものですね。

ホテルもお隣同士で 下りる時には感謝されました(*^−^*)


 
洞爺湖の真ん中に浮かぶ中島

ホテルに荷物を預けて遊覧船で中島へ渡ってみました。



この島には野生の鹿が沢山いるとの事で
是非会いたかったのですが
残念ながらこの時間は奥へいっているらしく 見かけませんでした。
でも静かで良い島です。



この島には管理事務所と
簡単な食事処もあります。


 
左は洞爺湖サミットが行われたホテル

カメラはミラーレスレンズ50ミリなので望遠が効きません。
右はホテル前からナナカマドと奥には紅葉した中島が見えます



乃の風リゾートホテルの部屋から

夜は船上から花火が上がりました。
左から右へ移動しながら温泉街のどこからでも見られるように打ち上げられますが
写真はピンボケでした。
洞爺湖温泉も色々サービスしているんですね。


白老ポロトコタン

翌日 矢張り電車は遅れて白老に到着
でもここは駅から歩いて行かれます。

アイヌの住まい「チセ」

チセ
ポロトコタンとは、アイヌ語で「大きな湖の集落」の意味で
白老には昔からアイヌ集落があったそうです。

昭和40年代に これを近郊のポロト湖畔に移設し
アイヌ文化の研究と保存をしています。


 
アイヌ語で船の事をチプと言います。



チセを中心にかつてのアイヌ民族の生活が
体験出来るようになっています。


 
チセの中の様子



昔のアイヌの女性は口の周りを このように刺青をしたそうです。

痛いので何年もかかって少しずつ刺青をして
やっと一人前の女性として認められたとの事です。

痛い思いをした挙句 見栄えが悪くなって ちよっと可哀想・・(´_`。)
これじゃぁオトコでしょ?


 
左はアイヌ民族の子守歌 籠を揺らしながら歌います。
右はムックリ 口琴・口琵琶とも呼ばれるアイヌの楽器の演奏です。



昔から伝わるアイヌ古式舞踊


 
お昼に伝統的なアイヌの食事を食べてみました。

チェプオハウ(鮭の三平汁)とメンクルチサッスェプ(イナキビご飯)
シンプルで美味しかったです。

他にもカボチャや凍みジャガイモの あつあつのシト(団子)?と言っても
平べったい丸い形でしたが
それは大変美味しくて 写真は撮り忘れました。

私達は美味しいものを食べると
写真の事など忘れてしまいます。


小樽の夜

ポロトコタンで時間を使いすぎて
今度は私達が予定の特急に乗り遅れてしまいました。
次の電車は二時間後との事・・

どうしよう・・すると傍にいた男子高校生が
「パスで苫小牧まで行けば電車ありますよ・・自分も行くから一緒にどうぞ」

それで苫小牧駅まで色々話ながら連れていってくれました。
つい「あなたいい子ね〜何処の大学行くの?」
「ここ北海道です」
今どきの若者はイイ!!

駅で白老で乗り遅れた事を話したら 何と特急券代を返してくれました。
何と親切なこと・・

やっと札幌へ・・
ホテルに荷物を預けて
 友人の希望で夜の小樽へと出掛けました。


夜の小樽運河の散策です。


 
運河の倉庫の中には個性的なお店が並んでいて
その中の「北海あぶり焼き」のお店へ入りました。
右は焼く前の写真。

新鮮な魚介類を網焼きしながら 生ビール飲んで
食べて飲んで食べて飲んで・・
二人とも些か酔いました。

ホテルの食事時は
二人で一本のビールを分け合って飲む程度ですが
何故かこの時は飲みました。

出てから 「記念に写真撮れば良かったね・・」遅い!
風景は撮り忘れないのに・・・

因みに北海道にはサザエは無いんだそうです。
サザエも焼きたかった!



帰りに反対側から又運河を撮りました。
赤い蔦が綺麗で 幻想的な雰囲気でした。



気温は14.4度 
以前行った時は真冬で寒かったですが
今回は風も無く暖かい小樽です。


札幌

この日は午後4時過ぎのカシオペアに乗るまで
札幌市内散策です。

まずはじめに中島公園の紅葉です。

実は札幌在住の十年近くホームページのお仲間さんとして
お付き合いいただいているnakapaさんが
中島公園を案内して下さるとの事・・

中島公園のサイトをお持ちの方で
四季を通じて イベントも含め隅から隅までご存じの方で
今回 お言葉に甘えて案内して頂く事にしました。


nakapaさんの案内で公園に一歩足を踏み入れたとたんに
息をのむ程美しい風景が広がっていました。


 
散り始めの紅葉ほど美しいものは無いと思っていましたが
今まさにその風景が広がっていて
夢中で撮ってしまいました。



朝9時過ぎだっにもかかわらず
菖蒲池は水鏡でした。


 
左はコンサートホールkitara  右は北海道文学館
中島公園としてから100年余り
主な文化施設はこの公園内にありますとの事・・



美しい美しい紅葉に友人も私も
ただただ感動です。



八窓庵
この庵を雪から守る為に
冬はプレハブですっぽり囲われるそうです。


    
八窓庵のお庭と日本庭園

余りの美しさに我を忘れて
nakapaさんにはご迷惑お掛けしたかも・・です。
お陰様で・・本当に有難うございました。

詳しい中島公園の様子はnakapaさんのサイトでご覧くださいませ。

中島公園パーフェクトガイド「中島パフェ」札幌



すすきのの狸小路を
アイスクリームを食べながら散策・・

札幌なら防水防寒 滑り止め付のブーツがあるかもと
期待して来ましたが さすが札幌 品揃えが豊富です。

私はブーツを 友人はシューズを買って そのまま履いて帰りました。
その方が荷物がかさ張らな〜い・・



札幌のテレビ塔の展望台から見た大通公園
碁盤の目のような街並みがとても綺麗です。

ボランティアの方が居られて
色々説明して下さいました。


 
お馴染みの時計台と 北海道旧庁舎です。



庁舎のお庭の池

以前 雪の時に来たとき
凍てた池の上で寒そうにしていた鴨の事を思い出しました。
晩秋・・もうすぐこの池も氷が張るのでしょうね。


札幌16時12分発のカシオペアで帰ります。


カシオペアは東北本線を走るので上野行きです。


  
ツインは狭い廊下から二階に上がります。



カシオペアツインの個室はこんな感じで
対面式に手前にもソファーがあります。

乗るとすぐに飲み物が届けられます。


 
個室にはお手洗いや洗面台がついていて
洗面台は 上に折りたたむようになっています。

初めて見る形なので写真に撮りました。



それで寝る時はどうするの?

ベットメーキングのパンフレットを見ながら
鈍った頭を使ってやっと組み立てました。

まずテーブルをたたんで 両方のソファーを真ん中に引っ張り出して
くっつけるとL字型になりました。

本当にこうなの?
ルームサービスのお姉さんに聞いたら
それで大丈夫との事・・・

(家に帰って息子に話したら もっとお金出せば良い部屋があったのに・・))
いいえ・・そんな贅沢は出来ません・・・



最後尾のラウンジ
人が来ないうちに写真だけ先に撮りました。


 
最後尾からの写真です。
秋は日が暮れるのが早いです。

夕食は完全予約制で トシだからその量は食べられないでしょうと
ワイン飲みながらお弁当を頂きました。

個室でナビを見ていたら
青函トンネルの手前でナビは動かなくなり
抜けたら又動きはじめました・・当然ですよね。

それを見届けてから眠りました。

函館を出ると次は仙台まで停まりませんし
車内放送もないので静かです。

早々に寝付いた友人は目覚めが早くて
「ほら・・朝日が出るわよ・・写真撮るんでしょ・・」
写真?・・・・眠い・・



約20分遅れで8時過ぎに宇都宮駅に到着しました。
明るくて良い天気です。

個人旅行なので 自由に行動出来て
ハプニングもありましたが 本当に楽しくて良い旅でした。

今回は ホテルもチケットもJTBさんにすべてお願いして
紅葉に合うように 3ケ月も前から予約して
やっと取れたカシオヘアでした。

長くなりましたが
自分の記録の為でもありすので お許し下さい。