北海道雪見の旅2012年     旅行記のページへ

(2012年 2月23日〜25日)

丹頂鶴と流氷 氷瀑祭りとペンギンのお散歩風景を見てきました。
もの凄く寒かったですが
北海道の冬ならではの旅を充分楽しみました。

層雲峡氷瀑祭りスライトショー

釧路空港からまず釧路湿原の鶴見台へ


丹頂鶴
雪の降りしきる白銀の釧路湿原に百羽以上いました。
場合によっては何処かへ行ってて 見られない事もあるそうですが
この雪では行くところもないのか
集団でカウカウと寒そうに鳴いていました。

でも雪は降るし距離があるので 顔がはっきり見られません。
200ミリでこれがやっとです。
小粒のサラサラの雪なので衣服ははらえば濡れませんが
カメラは濡れるので小さいタオルでカメラを包みながら撮りました。


阿寒湖氷上フェスティバル


ホテル前の阿寒湖は全面氷結し
その上でイベントが行われました。


   
雪の降りしきる中で
アイヌ舞踊と儀式が行われます



厚さ4メートルにもなる氷上での儀式


   
左は氷で作られた神社
賽銭箱も氷です。



その後氷結した湖上から花火が打ち上げられました
花火を手持ちで撮ったのは初めてです。
北海道の雪はさらさらで小粒ですが
 シャッタースピードが落ちて大粒に見えます。


流氷

   
網走からオーロラ号で流氷を見に行く予定でしたが
強風の為残念ながら運航中止です。
確かにあの吹雪では立っていても飛ばされそうで危ないです。







網走
代わりに行った「オホーツク流氷館」の展望台から
網走の街と強風で押し寄せる流氷・・

でも流氷も年々少なくなりもう20年もしたら見られなくなるかも・・
と言う事でした。


   
「オホーツ流氷館内」

左は流氷の天使と言われるクリオネ・・
流氷の下で生息しています。
右は本物のオホーツクの流氷がマイナス18度の室内で
展示されています。



流氷のろっこ号
オホーツク海の流氷が見られる観光列車です。


   
車内はストーブがたかれてポカポカです。
窓からは流氷が見られ ゆっくり走ります。



車窓から・・ 馬に乗って流氷見物・・
流氷も岸から離れて見られない事もあるようですが
幸い強風で岸に寄り沢山見られました。

でもこれらの流氷も昔のような大きなものではないという事でした。



北浜駅
日本国内では一番海に近い駅で
無人駅ですが中に「停車場」という喫茶店があります。
多くの映画やドラマで使われた人気の駅です。


  
左は網走刑務所
立派な赤レンガの高い塀に囲まれていましたが
建物は綺麗で学校のようでした。
囚人は26歳以上だそうです。
今は暖房もあるんでしょうね。



濤沸湖
ここはオオハクチョウの飛来地として知られています。
鳥インフルエンザの時 餌付けを止めたので
数は少なくなったそうです。


層雲峡


層雲峡氷瀑祭り
石狩川の畔で行われていてとても華やかです。

花火の後には餅投げがあり7個拾いましたので
寒くて早々に引き上げたお連れさんに三個あげました。

この氷瀑祭りはスライトショーを作りました。

層雲峡氷瀑祭 ←スライドショー


銀河流星の滝

      
右は流星の滝
どちらも全面凍結していますが
ロッククライミングをしている人がいました。


旭山動物園


旭山動物園は日本最北の動物園です。
旭山という山にありますので坂が多いです。

近年人気の動物園で
アジア系外国人も大勢来ておられました。



ペンギンのお散歩
何といっても一番の人気で大変な人の列です。


   
時々道草してお喋りします。



カメラマンにサービス?


  
次第に列も乱れて・・ハイポーズ!
子供たちも大喜びです。



突然何やら騒ぎ始めました。
ペンギンのお散歩は本当に可愛くて
人気があるのも納得です。


   
左はオオカミのお昼寝
雪の上でも熟睡出来るんですね。
右はエゾシカ



ブランコで人気のオランウータンも
冬場は室内で遊んでいます。



北極熊は雪が大好きみたいで
寝転がっては遊んでいました。


   
国内で初めて自然繁殖に成功した北極熊です。
動物のしぐさは本当に可愛くて 何時まで見てても飽きません。

今年の雪見旅もこうして無事に終わりました。
最初の二日間は吹雪いてカメラも濡れて大変でしたが
念願のたっぷりの雪も見られたし
充実した楽しい旅行でした。