「絆」 復興三陸路の旅     ホーム   旅行のページへ

(2013年4月11〜13日)

大震災から2年経ち
絆でつなぐ三陸復興応援の旅に参加しました。

東北は色々行ってますが
三陸海岸だけは行ってなくて
特に浄土ヶ浜へは 「何時かは行こう」 とずっと思っていましたが
震災後になってしまいました。


陸前高田は重機がいっぱいですが
まだまだ復興は遠いと思いました。


  
美しかった松原とビーチ
元観光ボランティアさんも 今は語り部として案内されています。



奇跡の一本松
どなたもご存じのように モニュメントとして当時のままに作られましたが
大変不出来という事で又作り変えられるそうです。

そのお金を復興に回すべき・・という話もありますが
将来の観光を考えた時 矢張り必要のようです。


  
多くの犠牲者が出た陸前高田ですが56人の生徒は
振り向く事もなく一斉に山へ避難して全員助かりました。

11ケ所あった避難所の内 10ケ所が津波に遭い
多くの犠牲者が出てしまったそうです。



陸前高田の中心地に残る 米沢商会
一番上の青い看板まで津波が来たそうです。



釜石 陸中海岸グランドホテル

今回の旅行は復興応援という事で
一泊目は昨年(2012年11月)に再開されたこのホテルです。



ホテルから夜明け
目の前は漁港で又津波が来たら
再度被害に遭うのでは・・?


  
釜石漁港
左の避難場所から見た被災地



釜石は 新日鉄があり鉄鋼の街です。
幸い会社の前で津波は止まりました。 


  
引き波の時 物に当たって壊れた橋の欄干

大槌町 山田 宮古と被災地を北上します。

以前は美しい三陸海岸が続いていたでしょうが
今では何処までも被災地です。
バスの中から・・



宮古の浄土ヶ浜

陸中海岸国立公園の浄土ヶ浜は宮古の景勝地。
 
 さながら極楽浄土のごとく美しいといわれ
 平成18年度に「日本の(快)水浴場百選」・・に選定されています。
他にも かおり風景100選 渚風景100選 白砂青松100選にも指定されています。


  
遊覧船の後をついてきて 餌をねだるウミネコ

餌はまるいパンになっていて ちぎって上げるのですが
私はあっと言う間に一個ごと取られてしまいました。



浄土ヶ浜のレストハウス

浜の風景は被害に遭わなかったのですが
レストハウスや船着場は被害にあり
リューアルされました。



田老地区
津波はこの高い防波堤を軽々乗り越えました。


  
語り部さんのお話しによりますと
この防波堤があるため安心して逃げなかったり
津波が見えなくて逃げ遅れた方が多かったとの事です。



この学校の生徒さんは 先生と共により高い山へ逃げ
それを見ていた幼稚園長さんも近くへ避難する予定でしたが
急遽園児たちを山へ避難させ 全員助かったそうです。


  
左はたろう観光ホテル

まだほとんど手つかず状態です。



風光明媚な北山崎


  
三陸鉄道 島越駅は津波で無くなり
急ピッチで復旧工事が行われていました。



頂いたはがきと石ころ
モダンだった 駅舎も消えてしまいました。



島越駅で傷つきながらも唯一残った宮沢賢治の碑


 
二泊目 田野畑 ホテル羅賀荘
こちらも昨年11月にリニューアルオープンしました。

海岸のすぐ前ですが
津波を想定して 客室は4階以上になっています。



6階客室から夜明けの風景
穏やかな波でした。



普代駅から久慈駅まで乗った三陸鉄道
一部開通した三陸鉄道も春バージョンです。


  
普代村は水門が津波を防ぎ村の被害はゼロでしたが
少し離れると被災地ばかりでした。
車窓から・・



可愛い久慈駅



北限の海女のパネル

久慈漁港も大変な被害がありましたが
朝の連続ドラマ「あまちゃん」で一躍有名になり
商店街は大変活気がありました。

今回は被災地応援という事で
ホテルもレストランも
再開したばかりのところが利用されました。

どこまで行っても延々と被災地で
これほどの負の風景を見ると いささか疲れるものがありましたし
余りにも広範囲で 復興はまだまだ遠いと思いました。

でも被災地の方々は
「来て下さる事が復興にも繋がるので
出来るだけ多くの方に来て頂きたい」との事でした。

何時もは余り土産物は買わない私も
今回は日持ちする海産物をあれこれ買いました。
一人分はささやかかも知れませんが・・・気持ちで・・

語り部さんの言われた
「観光ボランティアをしていた時は閑だったけど 今は忙しくて忙しくて・・」
が何故かいろんな意味で印象に残っています。