高野山         ホーム  旅行記へ

(2006 4月)
標高900mの山上の仏都高野山は真言宗の
宗祖として知られる空海(弘法大師)が約1200年前に建立した霊場です
山上には壇上伽藍や120余りの寺院が立ち並んでいます



真言宗総本山金剛峰寺

   
金剛峰寺の本堂                金剛三味院
金剛三味院は800年程前北条政子が頼朝の菩提寺として創建しました



奥の院 空海の廟所で納骨堂灯篭堂等があります

   
奥の院の参道 約2キロの参道には杉や桧が鬱蒼と茂り
苔むした石塔が無数に並んでいます



奥の院

   
奥の院 膨大な数の墓や石塔
高野山にいると些細な事に拘って生きるのが馬鹿らしくなります
何か目に見えない大きな力によって生かされているような・・・
人間って何だろう 生きるって何だろう・・・と


根本大搭
根本大塔のある壇上伽藍は総本山奥の院と並び
高野山三大聖地の一つで夜もライトアップされています


   
金堂                 西搭


宝城院
この寺院で泊まりました
朝は6時20分より本堂でお経様があげられ順次
お焼香をします


   
宿坊室内                 朝食
夕朝食共に精進料理です



高野山大学
高野山には幼稚園から大学まであります

この旅行がきっけとなり巡礼を始めるようになりました