身延山久遠寺総本山   ホーム  旅行のページ

平成2008年3月 2009年3月 2010年3月 と三年続けて参拝しました。
夫は日蓮宗であり その総本山です。
いずれも桜の季節でとても綺麗でした。

久遠寺の枝垂れ桜のスラドショー

身延山久遠寺は 鎌倉時代に日蓮上人によって開かれました。
文永11年(1274)入山され草庵を建てて住まわれ
ひたすら法華経の読誦と門弟達の教育に心血を注がれ
足かけ9年間身延山で過ごされました


総門
ここからが聖域です。
「開会関」の扁額の意味は法華経の信仰によって 
「この門を入ることによって道が開ける」事をしめしています。
この門は車でも入る事ができますが
私はここでバスを降り歩きました。



三門
三解脱門「空 無相 無願」を意味します
日本三大門のひとつで
2度の火災のあと明治40年に再建されました。


菩提悌
三門をくぐると287の階段 高さ104mの急な石段があります。
南無妙法蓮華経の7つに区分されて作られており
「悟りへの到達」階段です。


  
左は菩提悌を上から見たところ 右が女坂
この坂は階段ひとつ一つが高くて大変でしたが22年3月登りました。
悟りに到達出来たかな???
女坂は21年に登りました。
距離が結構長くて大変でしたよ〜・・



境内
菩提悌や女坂を登りきれば境内です。
枝垂れ桜は満開・・誰もが極楽です(゜ー゜*)
(地獄極楽この世にあり・・と聞いた事もあるような・・)



日蓮宗総本山身延山久遠寺本堂
明治8年の大火で消失しましたが昭和60年再建されました。
総坪数970坪(3201u)間口32m奥行き51mです。
堂内の撮影は禁止ですが
天井画の墨龍は加山又造画伯の力作です。
地下は宝物殿になっています。


  
修業僧 
素足に草履でお題目を唱えながら西谷を上り下りし
各拝殿を参拝して回ります。
「学僧の草履花山駈けのぼる」



勤行の為本堂に向かう僧侶
朝6時から40人程の僧侶によって厳かに勤行が行われます。
勿論私も参拝させて頂きました 合掌



祖師堂
日蓮聖人を祀る堂閣
日蓮聖人の神霊の棲みたもう堂閣であることから棲神閣と称します。
枝垂れ桜が満開です。



御真骨堂
八角堂とその拝殿は最新の災害対策を施され
堂内には日蓮聖人の御真骨が奉安されています。


  
拝殿・・裏に御真骨堂があります。                             仏殿



境内の樹齢400年の枝垂れ桜
久遠寺は桜の名所としても知られて 桜さくらで埋まりとても綺麗です。
朝6時から7時まで本堂で勤行があり参拝して外に出たら
朝日に映えるこの桜を撮る人達が大勢三脚立てて
構えていたのにはビックリ!
私も宿坊の朝食は後回しで 急いで境内の桜撮りに奔走し
朝食は9時になってしまいました。
でも本当に綺麗です!
遠くて不便ですが是非ご覧あれ!


  
甘露門・・女坂を上りきるとこの門から境内に入ります。  右は大鐘



西谷と宿坊
西谷 中谷 東谷 七面には合わせて40程の
寺院があり宿泊出来ます。
参拝でなく写真目的の方も泊まって居られました。


五重の塔 ライトアップ
身延山に五重の塔が建てられたのは、
江戸時代の初期元和5年(1619年)ですが
文政12年(1829年)の火災により五重の塔を含め
境内28棟が焼失してしまいます。
その後、万延元年(1860年)に五重の塔が再建されましたが
明治8年(1875年)全山を巻き込んだ大火によって
再び焼失してしまいました。
この五重の塔は3代目で 130年ぶりにまだ完成したばかりです。
平成21年5月には落慶法要が執り行なわれました。



御廟所
日蓮大上人の御遺言で
「いずくにて死に候とも 墓をば身延の沢にせさせ候べく候」
に従いご遺骨が奉安されています。



御草庵跡
日蓮上人が9年間身延の地で隠棲された草庵跡で
久遠寺発祥の地でもあります。
此処に起居され法華経の読誦と門弟達の教育にあたられました。


  
御草庵跡
玉垣の石は旧姫路藩主酒井公の婦人
顕寿院の寄進によるものです。



祖廟
日蓮聖人ご入滅時に建立された五輪の墓を塔内に収め
地下の龕室には御霊骨の一部が安置されています。



信行道場
約300年間教育の根本道場でした。
現在は東谷の身延山大学が教育の場になっています。
毎年春、夏、及び尼僧用の3回ここで研修があり
修行中は道場外との連絡は自由に出来ません。
これを終了してはじめて日蓮宗の僧侶として正式に認証されます。



本堂の裏から見た五重塔
裏山の六丈堂へ行く時 僧侶様が
「昨日熊を見かけたという情報もありお勧めしません」
との事でしたが何人かの方も登って居られたので
勇気を出して登って行きました。



六丈堂
丈六堂は日蓮上人が 身延山へ御入山したある日
周囲の紅葉の中の老松に紫雲がたなびき 分身の諸佛を御覧になったとか・・
そこでこの森を「錦の森」と名付けられたそうです。
その後徳川家康の側室 「養珠院お万の方」が
一丈六尺(約5メートル)の釈尊像を建立されて以来
ずっと尼僧がお仕えし伝統を護り続けて現在に至っています。
古い堂の中には金ぴかのお洒落な?釈尊さまがいらっしゃいました。



鬼子母神
六丈堂方面・・本堂の裏山へ登っていく途中にあります。


奥の院

思親閣
 身延山山頂にあります。
ここは日蓮上人が登山され
故郷の千葉県小湊のご両親を偲ばれた地です。


  
奥の院 思親閣



お手植え杉
日蓮上人が植えたとされる大杉で樹齢700年です。


  
左は父上の杉 右は母上の杉



南側展望台より富士山
標高1153mの奥の院展望台からの富士山
ロープウェイで7分
歩いて登ると東コースが5キロ 西コースが8キロです。
下りは徒歩のつもりでしたが
ラクをしてロープウェイで下りました。


  
北側展望台
左・・雪が残る山は布引山(2583m)
その手前左に少し見えるのが七面山(1982メートル)
七面山にも本社と奥の院がありますが歩いて登らないと行かれません。
 右・・富士見山(1640m)です。
他は霞んでいますが遠く荒川三山 南アルブス連峰 白峰三山
八ヶ岳などが望めるようです。



私がお世話になった西谷の宿坊
日像上人が開いた寺院です。


  
宿坊内と夕食
カメラお供に初めて1人で宿坊に泊まりました。
参拝と写真が目的なので寂しさも気疲れもなく快適でしたが
食事の時だけは少し淋しかったです。



帰りの賑やかな門前
お土産は「身延饅頭」がお勧めです。
抜群に美味しいですよ。



身延山
身延駅前より・・富士川と奥の山が身延山です。

平成20年 21年 22年と三年続けて参拝しました。
総本山をゆっくり参拝し 又満開の見事な桜を見られた事は
私にとって大変有意義なことでした。