長野県 マイカーひとり旅       

(2011年 7月12〜16日)

念願だった長野県 マイカーひとり旅を決行しました。
何日かかるか分かりませんが 見たいところを見たら帰ろうと・・
結局4泊5日でした。
風景のスライドョーはmomoの部屋の

霧ヶ峰  上高地 千畳敷きカール 栂池自然園 白根山コマクサ ←スライドショー

霧ヶ峰 美ヶ原

朝 家を出て霧ヶ峰へは午後の到着でした。


霧ヶ峰高原から白樺湖

霧ヶ峰に到着し いよいよ気侭旅の始まりです。
まずは広く美しい風景にに深呼吸・・



八島湿原

以前友人と来ましたが
八島湿原を見下ろしただけで 帰ってしまいました。
以来「あの湿原を歩いてみたい・・」 という思いがずっとあって
今回その夢を叶えるために木道を歩きました。

   
八島湿原と日光キスゲ

3分の一くらい来たところで 遠雷が聞こえます。
「こんな原っぱで 雷は怖い・・」という事で
残念でしたが引き返しました。

今から車山のニッコウキスゲも雷が来るかも知れないし
 松本へ引き上げるのも残念で 
まだ雨は降ってないし・・という事で
そのまま美ヶ原へ向かいました。



美ヶ原

牧場の脇を通って 王ケ頭へ・・今にも降りそうです。

昔友人が「美ヶ原の芝生に寝っ転がってみたいな〜」
「じゃあ 行きましょう」
岐阜から電車やバスを乗り継いで行き 
広い原っぱに 寝っ転がって色々話ました。
若い分 お互い悩みも多かったです。

当時には無かった立派な電波塔が作られていて
 寝っ転がった場所は砂利が敷かれていました。


  
昔泊まった山小屋から見た雲海と日の出は
今も脳裏に残っていて
泊まれるか聞きましたが 空きが無いとの事でした。

ここで大粒の雨が・・急いで車に戻り松本へ向かい
ホテルルートインコート松本インターで泊まりました。


上高地

二日目
上高地は4度目ですが思い出探しに行く事にしました。

若い頃 坂巻温泉で3連泊して上高地へ通いました。
大正池の枯れ木立も もっと多く 池も広く それはそれは神秘的な雰囲気でした。
以後私の中では「日本の美しい風景ナンバーワン」です。

その後16年振りに来た時は
河童橋の近くのホテル白樺荘で泊まりましたが
大正池は小さくなり木立も減っていました。
 でも穂高 焼岳 そして梓川の水は当時と変わりなく綺麗でした。

そして10年前ツアーで来ましたが 
3時間の滞在で 明神池へ行く時間も無く帰りました。


乗合タクシーで早朝着いた大正池
朝靄に包まれて幻想的でした。


  
靄が晴れるまで写真撮りながら
風景に見惚れていました。



田代池

昔より小さくなった気がしますが
相変わらず澄んだ水で素敵な池です。


  
河童橋から見る穂高連峰や焼岳

この風景は昔から変わりません。
梓川も私の中では 「日本の一番美しい川ナンバーワン」です。


明神池

明神池

透明度抜群で
私の中では「日本の美しい池ナンバーワン」です。


   
穂高奥宮

本宮は安曇野市にありますが
奥宮はこの明神池畔にあります。


   
池と明神橋

時間もある事だし ここから徳沢まで行くつもりでしたが
「ひとりではちょっと冒険過ぎるかも・・熊も怖い!」という事で
取りやめました。

予定に入っていなかった上高地も 思い出探しと共に
 改めて美しい風景に感動・・
 ゆっくりのんびりできて 本当に良かったです。


千畳敷カール

三日目
この日は安曇野で一日遊ぶつもりでしたが
外はとても暑そう・・どこか涼しいところへ行きたい・・

ふと思い出したのが千畳敷カール
「どこにあるんだっけ・・」
地図で調べて ナビ頼りに早速行きました。

松本ICから駒ケ根IC〜へ
暫く行くと大駐車場があり
そこからハイブリットバスで ロープウェイ乗り場まで行きます。


千畳敷カール

快晴に恵まれて想像以上に
美しいところでした。
バスでお隣になった方が駒ケ根観光ボランティアの方で
案内して下さるとの事・・ラッキー!


  

雲海の上にアルプスが見えました。
快晴です。空気が爽やかです。

7月中旬だというのに雪が残っています。
素晴らしい風景に感動し
幸せ・・を実感した千畳敷カールでした。


安曇野 大王わさび農園

朝の連続ドラマ「おひさま」で人気の安曇野です。


トラマに出てきた水車小屋


   
わさび田と道祖神
広大なわさび田は黒いシートで覆われていましたが
下は美しい水が流れわさびが育てられています。



水車小屋
ここへ来た時は午後6時近くで
安曇野のビジネスホテルは満室で取れなくて・・

白馬方面へ向かいましたがとっぷりと日が暮れてしまって
白馬道の駅で初めての車中泊をすることにしました。

他にも沢山の車がいるし 大丈夫でした。
コンビニで買った缶ビールを飲んだら熟睡してしまいました。


白馬 栂池自然園

4日目
初めての車中泊から覚めたら快晴!
さあ今日は栂池の高山植物だ・・


朝 美しいアルプスが・・
こんな身近にアルプスを見たのは初めてで
車を止めては写真・・でなかなか進みません。


  
栂池自然園
朝一番のゴンドラで着きました。

白馬も広くて季節それぞれ良いところは沢山あるでしょうが
自然園の高山植物だけは 今の時期に見たいと
ずっと思っていました。

そして今回 やっと願いが叶なったのです。
見た事もない沢山の高山植物と風景に出会って
大満足です。



時間に捉われる事なく 自由気侭に歩きました。

高山植物を一部ですが HPの「ちょっとお出掛け」に載せました。
自己満足の画像ばかりですが・・

夏日は長く まだ時間があるので
戸隠へ行く事にしました。


戸隠

  
鬼無里

白馬から鬼里無の里を通って戸隠まで
かなりの山道をくねくねと慎重に走りました。
トンネルや渓流があり里山風景が続いて 何処か懐かしい雰囲気で
知らない里もなかなか良かったです。



戸隠中社

峠を越えると戸隠です。
創建以来2千年の歴史があり 遠い神世の昔「天の岩戸」が飛来し
現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達しました。


  
奥社への参道

奥社は日本神話にある 天照大神が 天の岩屋にお隠れになった時
無双の神力をもって 天の岩戸をお開きになった天手力雄命を
戸隠山の麓に奉斎した事に始まります。



奥社への杉並木
参道の杉並木は天然記念物にも指定されています。
樹齢約400年を超える杉並木は とても雰囲気が良く
パワースポットとも言われて人気です。

ところが駐車場から奥社までの参道の長いこと長いこと・・
普段なら平気ですが 早朝から白馬を歩き 山道を延々と運転し
旅も4日目ともなれば疲れも出てきて
残念でしたがとうとう途中で引き返してしまいました。
又の機会には是非 奥社を参拝したいと思っています。


信濃町


小林一茶の旧宅
今回の旅では是非訪ねたいと思っていたのが 一茶の旧宅です。
信濃町で生まれた一茶は
ここ故郷へ戻り一生を終えました。


   
土蔵の旧宅は6畳と4畳半くらいの
小さな囲炉裏部屋でした。





   
 左は一茶記念館で旧宅とは少し離れたところにあります。

右は野尻湖で ナウマン像の化石発掘や避暑地として知られています。
ここから是非見たかった黒姫山の雄姿・・
残念ながら靄がかかって見られませんでした。


白根山のコマクサ

5日目

白根山のコマクサ




   
高山植物の女王と言われるコマクサです。
今回の旅では是非見て撮りたいと予定に入れていました。
リフトは私が一番乗りでしたが 歩いて登られた方が
もう数人居られました。



カモシカ
コマクサ群生地の上の方にいたカモシカ
多くのハイカーが通って行くのを上から眺めていました。
コマクサには毒があり鹿は食べないのだそうです。


   
コマクサはこんな岩のゴロゴロしたガレ場に咲くんですね。

弓池では鴨の親子が・・カワイイ!



弓池はワタスゲが満開でした。

車中でお昼寝してから
長野原の八場ダムの工事現場を通り
渋川IC〜大田桐生ICから50号で帰りました。

こうして私の自由気侭な マイカーひとり旅は終わりました。
改めて信濃の風景は素晴らしく感動の連続でした。
思い切って行って 本当に良かったです。

疲れなければもう少し旅していたかったのですが
もう家でのんびりしたくなってしまい 帰ってきました。

でもこんな自由な旅・・病みつきになるかも・・