沖縄本島          ホーム    旅行のページへ
(2016年4月7〜10日)
 
4月の沖縄は気温27℃湿度70%と大変蒸し暑かったです。
でも南国ムードたっぷりでヤシの木が揺れ
矢張り本土とは違う雰囲気でした。

動画

国際通り  首里城と琉球村  ひめゆの塔 玉泉洞  海炎祭花火  美ら海水族館

羽田発の飛行機が強風の為 飛行中止になり暫く待って別の便で行きました。
この日はホテルに泊まるだけになりました。

朝のホテル

天気予報では一日中雨でしたが晴れました。

ひめゆりの塔



沖縄第一師範学校女子部 県立第一高等女学校から
240名が戦場へ動員されました。

 

40近くの横穴の壕で看護要員として負傷者の手当てに当たります。



1945年6月18日の解散後 米軍の包囲網の中に放り出され
多くのひめゆり学徒が死亡しました。

 

資料館の中は撮影禁止ですが
227名の学徒と教師の遺影が生きた証しとして壁一面にあります。


沖縄戦では ひめゆり以外にも多くの学徒兵が動員され
1998名の学徒が戦死しました。


おきなわワールド 玉泉洞



沖縄の工芸店などが沢山あって体験も出来るようになっています。
又旧盆に沖縄各地で踊られるエイサー等も披露されていますが
撮影は禁止です。

このおきなわワールドから玉泉洞へ行かれます。

 




鍾乳石の数は100万本以上で国内最大級です。

 

洞内の長さは890mでなかなか見応えあります。




 





古宇利島

周囲約8qの小さい島で
全長1850mの古宇利大橋と繋がっています。
とても綺麗なサンゴの海に囲まれた美しい島です。




美ら海水族館


美ら海水族館入口




海洋博公園の中の水族館は
この時期だけ花で作られたジンベイザメやタコが飾られていました。

 

色々な魚が一緒に入っている大きな水槽があり
餌の時は一斉に集まります。



写真撮るの忘れましたが
マナティという野菜やニンジンを食べる可愛い大きな魚がいました。
動画で撮ってあります。

 

人気は何と言っても大きなジンベエザメです。
他にもエイやタコクラゲなど
珍しい梅の生物が沢山いました。




 

水族館の前にはウミガメも飼育されていて
その先はビーチで とても美しい風景です。



水族館から浜へ出られる


海炎祭

海炎祭とはいわゆる花火大会の事で
昼間はエイサー等が披露され 夜は花火です。

指定席も一番前で楽しめましたが 
前日のカミナリの影響で
一時花火に不具合が起きてストップする場面もありました。


エイサー


万座毛

青い海に突き出した
沖縄一の景勝地と言われています。




琉球村






沖縄の古民家を移築して展示してあります。
かなり古い建物でした。
コスモスが4月に咲いているのには驚きました。






古民家では沖縄舞踊や民謡が披露されています。



途中から凄い大雨になって
雨宿りしながら撮ったり見たりしました。


首里城



上は守礼門
中山王尚巴志が琉球王国を統一した15世紀前半から
国王の居城として 政治 経済 文化の中心でした。



明治の頃まで王国でしたが
首里城を明け渡し 琉球王国が崩壊しました。






正殿内は撮影禁止ですが
今日に至るまでの歴史等がつづられ
ゆかりの品も多くありました。



右上は王国当時の様子の模型



上は「御差床」おさすか 王の座でここだけは撮影を許されています。


少し高台にあり眼下には那覇の街が見渡せます。


国際通り



沖縄随一のメインストリート

国際通りの名は戦後
 国際映画館があった事からそう呼ばれるようになり
又戦後いち早く復興を遂げ 通りが一マイルある事から
別名「奇跡の一マイル」とも呼ばれています。



南国らしくヤシの並木になっていて
大変賑やかです。



第一牧志公設市場は特に賑やかで
あるとあらゆる物が売っています。



今迄見た事も食べた事も無い魚が並んでいて
此処で買って二階で調理して貰って食べる事も出来ます。



下はその二階の食堂
私は海ぶどうという海藻の定食を食べました。
プチプチとした感触で海の香りがしました。






大変興味深い国際通りを楽しみました。






今回泊まったホテルから見た風景
南国らしい綺麗な大きなホテルばかりでした。



曇りが多く今一度海の色が冴えません。



一度は行きたかった沖縄本島でしたが
三泊四日では忙しい旅行でした。

沖縄本島なら個人旅行で
好きな所へバスやタクシーでいってもっとゆっくりのんびり見物して 
沖縄の雰囲気を楽しんだ方が良いと思いました。

時々大雨が降り
蝶々園と今帰仁城跡も行くことになっていましたが
雨が降るので個人的に止めました。


ホーム  上に戻る  次へ