尾瀬ハイキング      ホーム  旅行のページへ
(2012年6月11日〜12日)

尾瀬は日帰りで何度か行っていますが
鳩待峠から沼山峠まで山小屋一泊で歩いたのは初めてでした。
当地からでも尾瀬は乗り継ぎが多くて個人で行くのは大変で
今回はハイキングツアーに参加しました。
山小屋宿となれば荷物も重くて 大きいカメラは持てず
コンパクトデジカを持って行きました。

尾瀬の風景スライドショー

鳩待峠から尾瀬ヶ原へ入ります


鳩待峠
ここから尾瀬ヶ原へ向かいます。


   
水芭蕉 アカヤシオ 山野草 を愛でながら
約一時間の下りです。



12時に鳩待峠を出発しましたが
帰る人達の方が多かったです。


   
山ノ鼻
尾瀬ケ原の入り口ですが
お弁当を食べるベンチも無いほどの賑わいです。
山神さまに二日間の無事をお祈りして尾瀬ヶ原に入ります。



尾瀬ヶ原に入ると前方に燧ケ岳が見えます。
福島県側にある2356メートルの火山で
日本百名山のひとつです。



振り向けば後方に美しい至仏山が・・
こちらは群馬県側の2228メートルの山で
特殊な植物が群生している大変人気の山だそうです。
此方も日本百名山の一つで
お仲間さんの話では「結構楽に登れますよ」との事ですが?・・


   
どちらを見ても美しい風景が続きます。
実はこのところ疲労感が抜けず胃も悪くて
何度もキャンセルしようと思いました。
でもこの広い尾瀬ヶ原を歩いていたら 気分爽快で
あの不調は何処へやら・・



   
牛首に到着です。
日帰りの場合はここから又鳩待峠へ引き返していましたが
今日は山小屋泊なので未知の風景に出会えると思うと
 ワクワク感でいっぱいです。
まずはおやつとポカリスエットでエネルギーを補給しました。
不思議と尾瀬では何を食べても飲んでも平気です。
あの不快感は何だったのかしら・・?



ここからはずっとハイカーが少なくなります。
周囲に水芭蕉が無いところですが
好天に恵まれのんびり進みます。


  
この辺りは中田代と云われるところで
水芭蕉の多いところです。
夫が愛用していたコンデジであちらパチリ! こちらパチリ!



竜宮に到着です。
奥に見えるのは竜宮小屋
ここは分岐点で 左へ行けばヨッピ橋 右は富士見峠です。
こんなに歩いても尾瀬のほんの一部分しか見ていない事を実感しました。


   
竜宮小屋を過ぎると一級河川の沼尻川があり
ここからが福島県に入ります。



沼尻川から見晴へ・・
燧ケ岳を見ながらひたすら進みます。



もうすぐ見晴に到着です。
今夜の宿泊の山小屋が見えてきました。



ここが見晴と云われるところで
桧枝岐小屋 尾瀬小屋 弥四郎小屋 原小屋 燧小屋などあり
通称 尾瀬銀座とも云われています。


   
左の桧枝岐小屋で泊まりました。
自然保護の為に石鹸も歯磨きも禁止ですが風呂はあります。
御主人は「ひげくまさん」と云われ明るく楽しい方でした。
自分のゴミはペットポトル空き缶もすべて持ち帰りです。



夕方に外へ出てみましたが
赤い夕焼けは見られませんでした。


   
「♪夏がく〜れば思い出すぅ〜遥かな尾瀬〜遠い空♪」
ハーモニカで吹いて居られる方が居られしばし聞き惚れました。
山小屋の夕食です。
一部屋6人で話も弾み楽しかったですが
9時には消灯でパッと真っ暗闇になりました。



明けて12日の尾瀬ヶ原はうっすらと靄がかかっていました。
一眼レフがないのが寂しい(´・-・。)


朝靄の尾瀬ヶ原


   
昼間は汗ばむ程なのに 
朝は気温がぐんと下がって寒いくらいでした。



いよいよ峠越えです
   
山小屋を6時30分出発して白砂峠越えです。
白砂峠は白砂乗越ともいわれ
尾瀬ケ原林道コース中のピークとなっています。
鬱蒼と生い茂る樹林帯にはまだ残雪があり慎重に進みます。



標高1680メートルの白砂峠は
急坂と雪で息切れ状態になりました。


   
沼尻平休憩所
2時間20分かかって峠を越え やっと沼尻平に到着です。
エネルギーを使い果たした感じです(´;д;`)



何時までも休んでは居られません。
沼尻から尾瀬沼が見えますが
又樹林帯のアップダウンの木道を
大江湿原へ向かいました。



一時間かかって樹林帯を抜けると
 視界が開け三本カラマツが見えてきました。
ここは大江湿原ですが水芭蕉は
鹿に食べられてしまったそうです。


   
尾瀬ビジターセンターに到着
左は尾瀬湖畔に建つ長蔵小屋です。
尾瀬の開祖と言われる平野長蔵氏が
一番最初に山小屋を立てたのは沼尻だったようですが
大正4年にここに山小屋を建てました。


   
左は以前の長蔵小屋で今は使われていないようでした。
右は咲いていたシラネアオイ・・初めて見ました。



長蔵小屋を少し進むと尾瀬沼の向こうに燧ケ岳が見えます。
ここで桧枝岐小屋で頂いたおにぎり弁当と
ポカリスエットでエネルギーを補給して
沼山峠に向かいます。


   
展望の利かない沼山峠には雪も残っていて
約一時間の登りです。
昔はこの峠も楽々だったのに・・
体力の減退を実感しました。



沼山峠登山口
やれやれ疲れましたが無事に沼山峠も越えました。
(v^ー°) ヤッタネ


 
この沼山峠休憩所からはシャトルバスで
駐車場へ向かい岐路につきました。

余りにも有名なハイキングコースで
懐かしく思い出される方もいらっしゃると思います。
私も十数年ぶりに行きましたが 変わらず美しい風景でした。

昔に比べリュックが重く感じられ
 体調も万全でなく不安を抱えながらの参加でした。
 峠越えは息切れはしましたが
美しい風景の中にいると不思議と力が湧いてきて
楽しい大満足なハイキングとなりました。
又日光キスゲが咲く頃に行きたいな〜と思います。