西国三十三札所巡礼         ホーム  巡礼へ

一番 那智山 青岸渡寺 如意輪観世音菩薩
和歌山県勝浦町
西国一番の札所は450の階段を上ったところにあり
本堂は柿葺の重厚な建物 推古時代から6回建て替えられたもの
那智山は昔仏道と神道が合体し役行者の修験道の根本道場で
弘法大師や伝教大師が参籠するに至って
霊場として崇敬されるようになった





     
すぐ隣にある那智大社



那智大滝


二番 紀三井山 金剛宝寺護国院 十一面観世音菩薩
和歌山市
通称紀三井寺は枯れることのない三つの井戸が
あることからつけられ
二体の観音様と帝釈天は重文に指定されている


本堂までの坂は230段
豪商の紀の国屋文左衛門は大変親孝行で
母を背負ってお寺に参拝した
石段の途中で下駄の鼻緒が切れて困っていたら 
かよという娘が通りかかり 鼻緒をすげ替えたのが縁で結婚した
そこでこの坂を結縁坂といいわれるようになった
かよの実家の出資金によるみかん船で大儲けをしたという



     
テレビや新聞の開花宣言はこの桜から                 橋杭岩



三番 風猛山 粉河寺(こかわでら) 千手千眼観世音菩薩
和歌山県紀ノ川市
無病息災子孫長久のお箸が有名
庄屋の娘が病の時童子が現れ祈祷して重病を治してくれた
「もし用があったら粉河を訪ねよ」といってかよの箸箱を持ち去った
翌年訪ねると小堂の観音様の手に娘の箸箱があった





     
名勝粉河庭園は桜や躑躅でも有名 一万五千坪の境内



四番 槙尾山 施福寺  十一面千手千眼観世音菩薩
大阪府和泉市
昔最盛期には一山八百坊 三千余りの僧がいた





     
弘法大師が20歳の時剃髪された愛染堂
この寺へはバスを降りて少し登ると「ここより八丁」
の看板がありかなりの難所



五番 紫雲山 葛井寺(ふじいでら) 十一面千手千眼観世音菩薩
大阪府藤井市
荒廃していた寺を嘆いて藤井安基が大修理を行い
この時から藤井寺と呼ばれるようになった
日本最古の天平時代の仏像が安置されている

     



六番 壺坂山 南法華寺 千手観世音菩薩
奈良県高取町
通称壺坂寺は眼病に霊験あらたかな寺で
「壺坂霊験記」の盲目の沢市の目を治すため
妻の里がこの寺に祈願して開眼するという
お里と沢市の夫婦愛の物語もこのお寺が舞台になっている


盲老人の養護老人ホームもある


     



七番 東光山 岡寺 如意輪観世音菩薩
奈良県明日香村
正式名は「龍蓋寺」で一説によるとこの山に出没して
農民を苦しめていた悪龍を義淵僧正が池に封じ込め
大石で蓋をした事から名づけられた





     


八番 豊山 長谷寺 十一面観世音菩薩
奈良県桜井市
約400段の石段を上ると70余りの堂塔伽藍がある美しい寺で
本堂は東大寺に次ぐ大きさ


「だだ押し」という火祭りが行われる
閻魔大王の杖で押してもらえば悪魔を退散させ
無病息災を得る事が出来る


     
回廊から外舞台へ出れば眺めは絶景