西国三十三札所巡礼          ホーム  巡礼へ

九番  興福寺 南円堂 不空羂策観世音菩薩
奈良市登大路町
興福寺は文化財の宝庫で約5千点にも上るといわれている
藤原一族の氏寺で五重塔は古都奈良に欠かせない風景





     
南円堂の観音菩薩様は獣を捕らえる網と魚を釣り上げる糸を持って
人々を救いすべての願いを叶えて下さる観音様



十番 明星山 三室戸寺 千手観世音菩薩
京都府宇治市
平安期には大いに栄えた寺だったが1460年に
火災によりすべて消失 本堂は信長の兵火等で
数度建て替えられた





     
参道のかたわらの「浮舟の古墳」
優しい薫と情熱的な匂宮の間で悩み宇治川に身を投げようとしたが
果たせず仏門に入った浮舟の話は有名



十一番 深雪山 上醍醐寺 准胝観世音菩薩
京都市伏見区
山上近くに井戸があり開山の理源大師聖宝が山に登られた時
老翁が現れて湧き水を汲んで呑み「ああ醍醐味なるかな」
といい聖宝尊師に伽藍の建立を勧めたという
五大堂

堂内には重要文化財に指定されている
木造五大明王が祀られ 盗難や災害よけの信仰があるとされている。



バスを降りて裏山までタクシーで行き
そこから急坂を登り西国札所一番の難所といわれている



十二番 岩間山 正法寺 千手観世音菩薩
大津市石山内畑町
この寺では縁日に薬湯をたてて誰でも入る事ができる
薬湯は開山の泰澄大師が夢想で得たもので
神経痛リュウマチ冷え性に効果があるという





      
小さな池は芭蕉が「古池や蛙飛び込む水の音」
と詠んだ池で句碑もたっている
晩年山つづきの国分山に居を定めて「幻住庵の記」という
作品を書いたが その頃このお寺に参籠して
この句を詠んだといわれている



十三番 石光山 石山寺 勅封ニ臂如意輪観世音菩薩
大津市石山寺
紫式部が「月のいとはなやかにさしいでたるに・・」と
本堂の一室で源氏物語の須磨の巻から書き始めた事で有名な寺


平安期には貴族達の遊覧の地となり石山信仰が盛んになった


      
名の通り石の多い寺で女性に人気があり
月見亭からは琵琶湖も一望できる



十四番 長等山 園城寺(三井寺) 如意輪観世音菩薩
大津市園城寺町
通称三井寺は絶えることのない霊泉が境内にある
ことから「みいでら」と呼ばれ又別説では
天智 天武 持統の産湯にこの霊泉が
使われたためともいわれている





     
日本の音風景百選に選ばれている鐘



十五番 新那智山 観音寺 十一面観世音菩薩
京都市東山区
庶民の信仰を集め隆盛を極めた寺
一般に今熊野観音寺呼ばれ後白河法皇の頭痛の持病が
祈願で平癒されたため頭痛中風の観音様として栄えた


弘法大師がこの地に来られたとき
「ここは観音に縁のある地だから寺を建て観音様を祀り人々を救済せよ」
といわれたので名を聞いたら
「熊野権現である」といって立ち去った


     



十六番 音羽山 清水寺 十一面千手千眼観世音菩薩
「清水の舞台から飛び降りる・・」でお馴染みの寺
音羽山から途切れることのない霊水は
わが国十大名水の筆頭にあげられ
金色の水とか延命水とかいわれている





     



十七番 補陀洛山 六波羅蜜寺 十一面観世音菩薩
京都市東山区
六波羅とは・・布施 持戒 忍辱 精進 知恵 禅定
(助け合い ルールを守り 耐え忍び はげみ 自己をみつめ
苦楽を乗り越えて実践しなければいけない
頭で分かったというのは知恵ではない
片寄らない道を幸福に向かって進め・・・)





     
平家一門の邸宅が六波羅に並び寺も栄えたが
没落に伴って寺も焼けたが仏像は庶民の協力で難を逃れ無事だった