西国三十三札所巡礼          ホーム  巡礼へ

十八番 紫雲山 頂法寺(池坊) 如意輪観世音菩薩
京都市中京区
池坊専永家元が第45代住職としての任務も全うされている


遣隋使としての使命を果たして帰朝した小野妹子は
名を専務と改め坊を建て宝前に花を供え
代々それが受け継がれて やがてはわが国の華道として
池坊が確立した。


     
六角堂は京の町の へそ といわれる中心地にあり
北側には豪壮な生け花の殿堂「池坊」がある



十九番 霊ゆう山 行願寺 千手観世音菩薩
京都市中京区
行円上人は激しい気性の方で狩猟を楽しみ一頭の牝鹿を射止めたが
みごもっていて痛みに耐えられず山を転げ落ち
陣痛の苦しみの中渾身の力を振り絞って子を産み
悲しい鳴き声を残しながら息絶えた
これを見た行円は身ぶるいを覚え
心から母鹿にわびる心で仏門に入りこの寺を開いた





     
宝物庫に幽霊の絵馬がある
質屋に子守として雇われたおふみは毎日寺に来て
子供を遊ばせているうちに子供はご詠歌を覚えてしまった
主人に怒られたおふみは納屋に閉じ込められ凍死してしまった
両親が探すと亡霊が現れ殺されたことを告げた
両親は供養のために亡霊姿の娘の絵に鏡をはめて奉納した



二十番 西山 善峯寺 千手観世音菩薩
京都市西京区
応仁の乱で灰塵になったが
その後秀吉や徳川五代将軍綱吉や生母桂昌院に
帰依され再建した





     
樹齢600年の遊龍の松は地を這うように両方に伸び
長さ52メートルある
寺は京を眼下に見下ろす別天地にある



二十一番 菩提山 穴太寺 聖観世音菩薩
京都府亀岡市
明智光秀の居城亀岡城のあったところで
釈迦涅槃像は有名で
皆になぜられて黒光りしていた


この寺には安寿姫が厨子王丸に
渡したとされる5センチ足らずの肌守り観音像がある
安寿姫は入水して死ぬが厨子王は盲目の母に
巡りあい孝養を尽くし善政を敷く話は有名である


     



二十二番 補陀洛山 総持寺 千手十一面観世音菩薩
大阪府茨木市
開山の政朝の父高房は漁師につかまって殺されようとしている亀を見た
「今日は縁日だ私にその亀を売ってくれないか」と
買って水中にはなしてやった
その後高房の児を誤って水中に落としてしまったが
不思議にも若君は大亀の背に乗って生還したという





     
境内の池には亀がいっぱいいた



二十三番 応頂山 勝尾寺 十一面千手観世音菩薩
大阪府箕面市
源頼朝 梶原景時 熊谷直実ら信仰し栄えた
その後学徳兼備で名高い法然上人を受け入れ
仏道の興隆や庶民の教化につとめた





     
だるまで有名な寺でいたるところにだるまが並んでいる



二十四番 紫雲山 中山寺 十一面観世音菩薩
兵庫県宝塚市
安産祈願のお寺で国内だけでなく
海外からの祈願者も増えている


明治天皇の生母中山一位局が腹帯を受けられ
明治天皇を出産された


     
エスカレーターがある



二十五番 御嵩山 清水寺 十一面千手観世音菩薩
兵庫県加東郡
標高500メートルの御嶽山は五つの峰からなつている
清水が湧き出た事から付けられた清水寺





     
井戸は枯れることがなく「おかげ井戸」と呼ばれて
のぞいて顔が映ると三年長生きが出来るという