西国三十三札所巡礼          ホーム    巡礼へ

二十六番 法華山 一乗寺 聖観世音菩薩
兵庫県加西市
本堂の天井や柱は江戸時代の納め札(木札)が
一面に打ち付けられた跡がある


平安時代の国宝三重の塔


     



二十七番 書寫山 圓教寺 六臂如意輪観世音菩薩
兵庫県姫路市
西の比叡山ともいわれロープウェイを利用していくと
石垣の上に壮大な舞台造りの摩尼殿がある





     
弁慶が鬼若丸と呼ばれていた7歳から10年間修行したのも
この寺で勉強机や弁慶の鏡井戸学問所がある
寺の境内からは遠く姫路城を望むことが出来る



二十八番 成相山 成相寺(橋立観音) 聖観世音菩薩
京都市宮津市
一人の僧が修行中雪が積もって食べ物を運べなくなり
餓死寸前になった
ふと見ると狼に傷つけられた鹿が倒れていた
餓えには勝てず鹿の肉を食べてしまった
罪を観音様にお詫びをしていたところ
食べた肉は実は桧の刻んだものだった
そして観音様を見ると肩先が削り取られていた
又必死に祈ると傷が元通りに「成り合った」ことから
なりあい観音」と呼ばれるようになった


美人の観音様として有名


     
つかずの鐘・・住職が鐘を新造したが二度までも音が出ない
造り直しているときたまたま見物に来ていた母親が
赤ん坊を銅湯の中へ落としてしまった
助けることも出来ず鐘は出来上がったが 赤ん坊の悲鳴が
混ざって聞こえるので余りの哀れさに
この鐘はつかなくなった
境内横の丘からは天の橋立が見える



二十九番 青葉山 松尾寺 馬頭観世音菩薩
京都府舞鶴市
西国観音札所中「馬頭観音」はここだけ
開山の中国僧威光上人が諸国を行脚している時
若狭富士とも呼ばれる青葉山の美しい双峰をみて
祖国の馬耳山を思い
二つの峰が馬の耳のように見えるここを霊地と決めた





   



三十番 巌金山 宝厳寺 千手千眼観世音菩薩
滋賀県東浅井郡
琵琶湖哀歌 「遠くかすむは彦根城 波に暮れ行く竹生島 
三井の晩鐘音絶えて なみすすりなく浜千鳥」と歌われている
行基菩薩が聖武天皇の願いで島を開き
弁財天と観音様を安置された





     
竹生島へは今津港から船で約20分


かわらを投げてこの鳥居をくぐらせると
望みが叶うといわれている



三十一番 いきや山 長命寺 千手十一面観世音菩薩
滋賀県近江八幡市
タクシーに乗り換え上ると急な石段があり
聖徳太子自作といわれる本尊がある

 



     
境内からは琵琶湖が眺められる



三十二番 きぬがさ山 観音正寺 千手千眼観世音菩薩
滋賀県安土町
聖徳太子が近江の国を遍歴した時 湖の中から人魚が現れ
「殺生をし仏法を信じなかったためこのような
姿になりました 何とかお助け下さい」と哀願するので
太子が建てたのがこの寺





     



三十三番 谷汲山 華厳寺 十一面観世音菩薩
岐阜県揖斐郡
西国札所巡りもここ谷汲山で満願打ち止めなる
寺伝によると奥州会津の大口大領という人が
京都で作らせた観音様を持ち帰る途中
谷汲でその像が動かなくなったため
この地を結縁の地として豊然上人と共に寺をたて
この観音様をお祀りした





     
「今までは 親とたのみし おいづるを ぬぎておさむる 美濃の谷汲」
巡礼で使ったおいづるや金剛杖千羽鶴がいっぱい収められている



満願堂
満願堂で最後の読経の時は皆 涙だった



番外
豊山 法起院
 徳道上人
札所ではないが西国の番外に入っているのは
本尊の徳道上人が西国観音霊場の創始者だからである
「極楽は よそにはあらじ 我が心 同じはちすの へだてやはある」
(幸せは遠いところにあるのではなく自分の心の中にある
あの世の蓮もこの世の蓮も違いはないから幸せな世の中にしましょう)
とご詠歌で謡われています




番外
華頂山 元慶寺 薬師如来
京都市山科区
花山法皇を偲ぶ寺
花山法皇は藤原氏の権力争いに巻き込まれ
策略によって出家させられたが
耐えて修行し性空上人を書写山に訪ね熊野に籠り
西国観音霊場復興の大業を成し遂げられた




東光山 花山院菩提寺 薬師瑠璃光如来
兵庫県三田市
花山法皇が御年41歳で崩御された地
追われた法皇を慕って女房女官達が来たが
山上は女人禁制で上れない
切ない思いを琴に託し揃って弾いたところが
「琴引き坂」として残っている
女人はみんな尼になって麓に小庵を結んで住み
哀しい生涯を終えたといわれている
今も尼寺村と呼ばれ「十二尼の墓」がある






花山法皇の御廟所