小豆島 淡路島の旅        ホーム   旅行のページ
(2013年 5月 23日〜25日)

若い頃一度だけ訪ねた小豆島・・

映画村など出来ていましたが
矢張り素朴なオリーブの島でした。

スライドショー

小豆島


高松港
東京駅10時50分発のぞみ号で岡山駅へ
岡山駅から マリンライナー39に乗って島々を見ながら
らくらく四国高松駅です。


   
左は 小豆島土庄港
高松港からフェリーで土庄港までクルージング
この日はホテルグリーンプラザ小豆島で宿泊です。



ホテルから・・
瀬戸内の夕景を撮ろうと思っていたのに
お話ししていて気が付いたらもう暗くなっていました。



内海湾
寒霞渓展望台より

瀬戸内海はとても波が静かで穏やかでした。


   
二十四の瞳の映画村
二十四の瞳を書き上げた壷井栄は小豆島坂手の出身です。



岬の分教場
ここは再映画化された時に作られたロケ用のオープンセットです。


   
教室には映画のポスターも飾られています。



映画村内


   
映画館では二十四の瞳が上映されていました。



オリーブ公園から・・ギリシャ風車

ギリシャのミロス島と1989年に姉妹島の調印をし
その友好の証しとして建設された風車です。

もともと日本にオリーブの木は無かったのですが
明治41年(1908年)試作のために植えられ
気候風土に適した小豆島のみが栽培に成功しました。

小豆島のオリーブの生産量は全国シェアの95%以上です。



平和の群像
香川県出身の彫塑家矢野秀徳の作 題字は鳩山一郎


高松港へ
   
小豆島を後にしてフェリーで高松港へ
右は 瀬戸大橋タワーの上からから見た大橋ですが
若い頃には想像もしなかった橋が立派に綺麗に出来ていました。



瀬戸大橋記念公園より
午後4時過ぎ この時間渦潮が見られました。

うずしおは何時でも見られると思っていましたが
潮によって渦が現れる時と現れない時があるそうす。


   
鳴門橋遊歩道 渦の道
海面から45メートルの遊歩道と所々床ガラスで
乗っても割れないですがちょっと怖い!



鳴門の渦潮
渦にも色々形や大きさがあるそうです。

私達も 翌朝9時半頃にうずしおクルーズが予定されていましたが
その時間は渦が無くて クルーズは中止になりました。
船から見たら結構迫力あるかも・・


   
淡路島
南淡路ロイヤルホテルで熟睡中 友人に起こされて
寝ぼけまなこで夜明けの写真を撮りました。



あわじ花さじき
海の見える高原に四季折々の花が咲く
関西屈指の花の名所です。
この時期は ポピーが見頃でした。


神戸へ

神戸異人館地区
風見鶏の館 重要文化財


   
明治時代の日本で欧米人が居住した館
今はレストランやカフェが多いです。




久し振りの小豆島から 初めての異人館まで
三日間晴天に恵まれて
楽しく元気に旅行する事が出来ました。