高山の秋祭り             

(2008年10月10日)
飛騨高山の伝統行事 高山祭りは春の山王祭と秋の八幡祭がありますが
その起源は16世紀後半から17世紀とされ 豪華絢爛な屋台で全国に知られています。
飛騨高山の風物詩であり日本三大美祭の一つである高山祭は
旧高山城下町を舞台に絢爛豪華に繰り広げられます。

私が訪れたのは秋の八幡祭で 実家の法事の翌日に行きました。


桜山八幡宮の境内で行われた 布袋台のからくり奉納
大変人気で境内いっぱいの見物人で溢れていました。

  








屋台は全部で11台ありますが当日は10台の曳き揃えがありました。
彫刻などの装飾は 飛騨の匠が腕や美意識を競った美術品そのもので
細部まで芸術性の高さが伺われます



  




獅子舞は一軒一軒訪問し奉納をしますが殆どは子供や学生の若い人達です。

  




御神幸(祭行列)は神様が氏子や崇敬者に御神徳を授ける行列です。
さまざまな装束に身を包んだ数百人の大行列が獅子舞や闘鶏楽 雅楽を披露しながら
9日の午後八幡宮を出て10日に八幡宮へ帰っていきます。


  




闘鶏楽・・打ち鳴らす鉦の音から高山の人々から「カンカコカン」と親しまれています。
装束は白地に鳳凰や龍が描かれ 笠は一文字笠など 独特の衣装を身にまとい
祭行列の花形として鉦と締太鼓を打ちながら数十曲目を披露し 行列を盛り上げます。


  




警固・・それぞれの家紋を入れた袴姿に 一文字笠の人達が
 祭行列や屋台の前後を守る役割を担っています。
これらはすべて氏子の人達の奉仕です。

  




飛騨高山の古い街並み


  
高山陣屋跡・・1692年 徳川幕府は飛騨を幕府直轄領としました。
以来176年間に25代の代官 郡代が江戸から派遣され 
行政 財政 警察などの政務を行いました。
明治維新後はそのまま地方官庁として使用されましたが
現在は全国でただ一つ現存する徳川幕府郡代役所として保存されています。






祭が終わり夕闇が迫る頃には古い街並みにも静けさが戻ってきました。


飛騨古川

(2004年10月10日)
飛騨古川の古い街並み
恵まれた森林資源の中で 卓越した技術を持った昔人は
建築技術をともなって「飛騨の匠」として世に知られるようになりました。


白壁土蔵の街並み
もう一度散策してみたいところ・・・


   




連続テレビ小説「さくら」の舞台にもなった「和ろうそく」のお店。