秩父三十四札所巡礼           ホーム   巡礼へ
(徒歩巡礼)

1番 誦経山 四萬部寺 聖観世音菩薩
(2006 5月 23日〜26日)

秩父の札所を徒歩で巡るにあたっての振り出しはここから始まります
観音堂は県指定文化財で1699年に造られ寺名は幻通が四萬部の
経典を収めたことに由来しています (関東三大施餓鬼)
一番から二番へは長い山道を登っていきます


     




山村の風景を見ながら出発です



2番 大棚山 真福寺 聖観世音菩薩
鬼丸観音と呼ばれていました
消失する前は7堂俄伽藍があったそうです
高篠山の中腹300mの所に建っていて
西国 坂東 秩父と合計百ケ寺となった際に加えられたお寺です


    







3番 岩本山 常泉寺(岩本寺) 聖観世音菩薩
観音堂は秩父神社の薬師堂を移築されました
寺宝となっている子持ち石は高さ30cm程ですが
形が赤ん坊そっくりなので子宝の欲しい人が全国から訪れます


     







4番 高谷山 金昌寺(新木寺) 十一面観世音菩薩
ここには1319体の石仏があり県指定文化財になっています
慈母観音像は子育て観音とも呼ばれて特に有名です

    




石仏の下絵を描いたのは喜多川歌麿だともいわれ
これは隠れキリシタンのマリア観音だと言う人もおられるそうです




5番 小川山 語歌堂(長輿寺) 准胝観世音菩薩
寺名は村の風流人であった本間孫八氏が旅僧と和歌について
一晩語り明かした堂という事に由来しています
本堂では横瀬人形芝居(ふくさ人形)が演じられ
地元の人に親しまれています

     



6番 向陽山 卜雲寺 聖観世音菩薩
ご本尊は武甲山山頂の蔵王権現社に祀られていたのを移しました
昔武甲山に棲んでいた身長3mの山姥が里人に危害を加えていたが
行基の祈祷で降参し前歯一本と奥歯二本を折って差し出したという
山姥の歯が残されています

     







7番 青苔山 法長寺 十一面観世音菩薩
観音堂は牛伏堂といいます
本堂は江戸時代に活躍した平賀源内の設計によるものとされ
秩父札所中最大のものです
上部欄間のにある朱塗りの彫刻も源内の作とされていますが
撮影は禁止です


     



8番 清泰山 西善寺 十一面観世音菩薩
西方浄土にいる阿弥陀三尊を祀ることから
「ボケ封じの寺 安楽往生の寺」とされています

     



樹齢600年の「コミネモミジ」は高さ9m枝ぶり20mで
県指定天然記念物です
紅葉の時は多くのカメラマンが来られるそうです




9番 明星山 明智寺 如意輪観世音菩薩
本堂は平成二年に建立された六角堂で
本尊は安産子育ての観音様として知られていて
玩具類の奉納も多く見られます
又目の病いにも霊験があるといわれています


     




秩父は徒歩巡礼の人も多く道しるべが
至るところにあります