秩父三十四札所巡礼       ホーム  巡礼へ
(徒歩巡礼)

19番 飛淵山 龍石寺 千手観世音菩薩
この観音堂は大きな岩盤の上に建っています
昭和30年代傷みがひどくなり地元青年部が東京まで
托鉢に出て浄財を集め銅版葺きの本堂が造られました
本尊の千手観音座像は室町期のもので
弘法大師作と云われています


     







20番 法王山 岩之上堂 聖観世音菩薩
江戸時代から今に続く旧家 内田家の所有
観音扉の裏には日天 月天 風神 雷神とともに
極彩色で三十三観音の彫刻があります

     







21番 要光山 観音寺(矢之堂) 聖観世音菩薩
「火伏せの観音様」と云われています
寺の背後は長尾根丘陵が続き
武甲山の山容を眺めながら歩きます


     



22番 華台山 童子堂 聖観世音菩薩
正式には永福寺といいますが子供にまつわる伝説が多い事から
童子堂(わらべどう)という呼びかたが著名になりました

     




台座の上の地蔵尊は上の萱葺き屋根の仁王門と共に
秩父巡礼のパンフレット等にも出てくる有名な風景です




23番 松風山 音楽寺 聖観世音菩薩
音楽寺と云う現代的な名は松の梢を吹く風の音から
付けられたそうです
新人歌手や学校の吹奏楽員などが祈願に訪れます

     




尾根丘陵にあるこの寺へは狭い山道を登ると
15体のお地蔵様が並んでいます





(11月21日〜24日 後半徒歩巡礼)

24番 光智山 法泉寺 聖観世音菩薩
白山観音と呼ばれています
遊女が口中の病に苦しんでいた際秩父から来た僧に
「白山観音を信じるべし」と貰った一本の楊枝を使うと
たちまち快癒したことから
病気治癒の観音様といわれています

     




秩父のシンボル武甲山



25番 岩谷山 久昌寺(御手判寺) 聖観世音菩薩
池の向かい側に久昌寺の本堂と弁天堂が向かいあっています
寺宝の御手判石は閻魔大王が爪で彫ったという蚊取り線香の
ような模様がついています

     




ここは雪景色が美しくカルラマンの人気スポットとか・・



25番から26番までの道しるべ



26番 萬松山 円融寺(岩井堂) 聖観世音菩薩
 本堂は間口8間と大きく鎌倉時代の勝軍地蔵等の
仏像があります

     




300の急な階段を登っていくと懸崖造りの
観音堂があります
江戸中期の建物で回廊つきになっていて
岩場の斜面に組み込まれています


     
舞台で一休みです