秩父三十四札所巡礼         ホーム   巡礼へ
(徒歩巡礼)

27番 龍河山 大淵寺(月影堂) 聖観世音菩薩
月影清らから丘陵にあるので月影堂とも呼ばれています
延命水があり一口飲むと33ケ月長生き出来るとか
皆で沢山飲みました(*^-^)

     




高さ16.5mの観音様はコンクリート製で
昭和11年に建立され 大船 高崎 と併せて
関東三大観音として親しまれています
左手に握っているのは剣です。



28番 石龍山 橋立堂 馬頭観世音菩薩
馬頭観音が本尊になっているのは大変珍しく
秩父 坂東 西国の百観音のうちここと
西国の松尾寺だけです
背後は武甲山で全山石灰石層で長年採掘が続いていて
セメントや肥料スレートの基材として
私達の生活に役立っています

     











29番 笹戸山 長泉院(石札堂) 聖観世音菩薩
枝垂れ桜の名所になっています
山号の笹戸山は小笹が生い茂って
戸のようになっていた岩屋から
本尊の聖観世音が発見されたと言う伝説からです

     







     
途中林檎畑があり小鳥が網に掛かってもがいているのを
私が見つけました
もたもたしてる間にお仲間の方がグイッと掴んで
もう一人の方がハサミを持っていたので
羽や足に絡まった糸を切って放してあげました
暴れる小鳥が怖くて掴めなかった私の意気地なさを
再認識したと同時に
彼女の勇気に大いに敬服したのでした。



30番 瑞龍山 法雲寺 如意輪観世音菩薩
本尊は鎌倉の建長寺道隠禅師が中国から取り寄せた
渡来仏で通称「楊貴妃観音」として知られています
玄宗皇帝が絶世の美女楊貴妃の供養にと自ら彫り上げ
密教僧不空三蔵に開眼させたものと伝えられています
年に一度4月18日の縁日に御開帳ですが
どんなに美しいが是非見てみたいですねぇ

     




秩父は丁度紅葉が見頃で色鮮やかで綺麗でした(*^-^)



31番 鷲窟山 観音院 聖観世音菩薩
秩父34霊場の中でもっとも難所に立つ寺です
観音堂は標高698mの観音山の中腹にあり急坂を登ります

     







     
岸壁には多くの仏が刻まれています
磨崖仏と呼ばれる自然の石に彫られた仏像は
関東地方では珍しいものです
奥の院への道には薄暗い岩窟にさまざまな姿の
石仏が並んでいてその数十万八千体ともいわれています



「清浄の滝」高さ60m 明治5年の修験道廃止まで
ここは行者達の水垢離の場でした






     
32番へは大日峠を越えていきます
熊も出没したそうで皆で唱歌を歌いながら歩きました
歌は静かな山に染み入るように響きとても素敵でした〜(*^-^)


大日峠には二体の大日如来様が迎えてくださいました



32番 般若山 法性寺 聖観世音菩薩
舞台造りの観音堂に祀られているのが行基作の観音様ですが
船に乗り笠を冠り手に櫂を持っているので
「お船観音」と呼ばれています

     




観音堂からは散り紅葉が綺麗でした



33番へは県道を延々と歩きますが
こんな道は結構疲れるものです
先頭集団から離されて・・



33番 延命山 菊水寺 正観世音菩薩
本尊は県文化財指定の桧の一本造りで
藤原時代の秀作といわれています
本堂の欄間には子返し「間引き」を戒めて
貧しさ故に我が子を殺す悲惨な風習が
絵入りで書かれていました

     




菊水寺からいよいよ札立峠へ向かいます


     




33番から34番への札立峠越えは約9キロ・・・
息切れしました〜


     
下山途中のお地蔵様に迎えられた時はほっとしました(*^-^)



34番 日沢山 水潜寺(結願) 千手観世音菩薩
水潜寺は秩父札所34番であるとともに
西国 坂東と合わせて百観音結願寺でもあります
名の起こりは岩屋の清水で巡礼を終え
身を清めて俗世に戻る事からとか・・・
峠道から水潜寺が見えた時は達成感で
胸がいっぱいになりました


峠越えから見えた水潜寺


     
参道には33観音が並んで見送ってくれました

徒歩巡礼は辛い時もありましたがそれぞれの人生を
語りあいながら助け合い譲り合って歩き
私にとっては大変意義深いものとなりました。
簡単に解説を添えましたが間違いなどありましたら
お知らせください。

追伸 この巡礼は朝 宿から前日の最後の寺へ戻って
準備運動をしてから続きを歩きましたので
飛ばす事はほとんどありませんでした。


     坂東札所巡りへ