新緑の東北旅行             旅行記のページへ
   
2012年5月24日〜26日

三重県に住む友人が我が家に暫く滞在する事になり
一緒に新緑の東北ツアー旅行に参加しました。

新緑の東北スライドショー

中尊寺


金色堂
世界文化遺産に登録された お馴染みの金色堂・・
まばゆいばかりの堂内は撮影禁止です。

わたくしは4度目ですが
 世界遺産に登録されてからは初めてです。
木で組まれた屋根以外はすべて金色でした。


   
本堂
天台宗の東北大本山
中尊寺の根本道場 ご本尊は阿弥陀如来

内陣には伝教大師最澄以来1200年の間受け継がれる
「不滅の法灯」が灯されています。


十和田湖


十和田湖の朝日はぼんやりでした。


   
暫く待っても朝日は霞んだまま・・
右は宿泊した十和田プリンスホテル



ホテルの前庭
暑くも寒くもなく 気持ちの良い朝の散策です。



お庭から湖畔の散策です。






   
十和田プリンスホテルは西湖畔にあります。



ホテルののロビーから・・
ツアー30人のうち十和田プリンスホテルに泊まったのは
我々二人と 他に一組のカップルだけ・・

添乗員さんから
「とても良いホテルだからどうぞ泊まって下さい
 朝迎えにきますからゆっくり楽しんで・・」」と言われて
二組だけここで降ろされました。


   
客室から・・

本当に素敵なホテルで 友人も大喜び・・
静かに暮れなずむ十和田湖を眺めなから
フランス料理のフルコースをワイン飲みながら
しっとりと味わいました。

写真撮るのも忘れ・・
もっともボーイさんも控えているし
とても撮れる不雰囲気ではありませんが・・

他の方や添乗員さん方も
何処か違うホテルへ行かれましたが

何故私達だけをここに泊まらせてくださったのか・・???
未だにわかりませんが
兎に角ラッキーでした。


奥入瀬渓流


秋と冬には来ていますが 新緑の奥入瀬は初めてです。


   
三脚もなく手持ちで どう渓流を撮ろうかと・・?
持っていたNDフィルターをつけ シャッター優先にして
木にカメラを押し付け ブレないようにして撮りましたが
ピンボケが多かったです。



(「ケ戸」とは こちらの方言で「小屋」を意味する。
つまり「石ケ戸」」とは石で出来た小屋
いわゆる岩屋を意味している。

昔鬼神のお松という美女の盗賊が ここを住みかとし
旅人から金品を奪っていたという伝説がある。)
・・と書いてあります。





八甲田


八甲田山はまだ雪がいっぱいでした。


   
殆どバスの中から撮りました。
マイカーで行くのと違い ツアーは撮影が侭ならないのが悲しい(´;д;`)
でも仕方ないですよね・・
写真ツアーじゃないものね。


白神山地


青池
インクを垂らしたような青い水面が神秘的です。

江戸時代に起こった山崩れによって谷が堰き止められて出来た湖沼群は
実際には33個ありますが 
崩山から見えたのは12だったのでその名前が付きました。

その中でも一番人気がこの青池です。


   
しっかりした展望デッキが出来ています。



白神山地も世界遺産に登録されて
今人気のスポットです。


   
広大なブナの原生林と沼を巡るには
かなりの時間がかかります。
私達が歩いたのはほんの一部です。

機会があっらもう一度 今度は秋に訪ねてみたいです。


男鹿半島 入道崎


男鹿半島の最北端
「北緯10度の地」って書いてありました。
夕日の美しいところだそうですが
真昼なので?・・・


   
遮るものは何もなく
灯台は珍しい縞模様・・


田沢湖


水深日本一の田沢湖


   
ホテル田沢を朝出発して田沢湖を半周?



辰子像

(田沢湖のほとりに辰子という名の娘が暮らしていた。
辰子は美しい娘であったが、
いつの日か衰えていくであろう その若さと美しさを何とか保ちたいと
村の大蔵観音に、百夜の願掛けをした。
必死の願いに観音が 山深い泉の在処を辰子に示した。

そのお告げの通り泉の水を飲んだが、
激しい喉の渇きを覚え、
いくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。
狂奔する辰子の姿は、いつの間にか龍へと変化していった。
自分の身に起こった報いを悟った辰子は、
田沢湖に身を沈め、そこの主として暮らすようになった。

辰子の母は、山に入ったまま帰らない辰子の身を案じたが
やがて湖の畔で辰子と対面を果たした。

辰子は変わらぬ姿で母を迎えたが、その実体は既に人ではなかった。
悲しむ母が、別れを告げる辰子を想って投げた松明が水に入ると魚の姿になった。
これが田沢湖のクニマスの始まりという。) 資料より・・


角館


桜の名所の角館も今は新緑で静かです。
桜の時期に是非行ってみたいと思っていますが・・?


   
石黒家の室内から・・


厳美渓


栗駒山を源流とする約2キロの渓谷
昔マイカーで東北を回った時 偶然見つけて立ち寄りましたが
あれからもう20年経ちました・・トシ(−_−)ノハァ・・・


   
皆がカメラを構えるその先は・・
お団子の入った籠が下りてきました。



千円入れるとスルスルと上の茶屋に上っていき
三本のお団子とお茶が下りてきます。




私達は買わなかったですが
添乗員さんが一本ずつ下さいました。
大き目の串に刺した甘いお団子でした。

その後 仙台から新幹線に乗って
疲れながらも無事に家に帰ってきました。

若いころには友人と交代で運転しながら
東北を回ったものですが
この頃運転に自信がなくなり ツアーに参加しますが
写真撮るにはツアーは無理がありますね。

友人は暫く我が家に滞在し 
二人で鎌倉や偕楽園やアウトレットなど 遊びまわり
かなり疲れた様子でしたが
又会う約束をして無事帰って行きました。